医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 皮膚がん治療用クリームで、ペットに異常

皮膚がん治療用クリームで、ペットに異常

読了時間:約 1分20秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月02日 AM10:00

皮膚がん治療薬の管理に注意

皮膚がん治療用のクリームに曝露したイヌが、これまでに5頭死亡していると米国食品医薬品局()が報告した。ヒトの患者用のフルオロウラシル(5%をごく少量経口摂取しただけでも、ペットの異常や死亡につながることがあるという。


画像提供HealthDay

「現在のところFDAはネコに関連する報告を受けていないが、ネコもフルオロウラシル軟膏に極めて敏感であると予想される」と、FDAはニュースリリースのなかで述べている。米国がん協会(ACS)によると、この薬剤は日焼けによる皮膚の前がん病変の治療に用いられるほか、一部の基底細胞皮膚がんにも使用される。

ある事例では、イヌがフルオロウラシルのチューブを口に入れ、飼い主が取り上げる前にチューブに穴を開けてしまった。イヌは嘔吐やけいれんなどの症状を呈した後、12時間後に死亡した。別の事例では、イヌがチューブの中身を飲み込んでしまい、飼い主がすぐに獣医の元へ連れて行ったものの治療は奏効せず、3日後に安楽死の処置を取らざるを得なかったという。

ペットを飼っている人がフルオロウラシル軟膏を使用する場合、以下のように対策を講じることをFDAは勧めている。

  • フルオロウラシルをはじめ、医薬品はペットの届かない場所に保管する。
  • 薬剤のついた布や塗布器は安全に廃棄するか洗浄する。薬剤が手、衣類、カーペット、家具などに残らないようにする。
  • ペットがフルオロウラシルに触れてしまった場合はすぐに獣医師に連絡する。嘔吐、けいれんなどの薬物曝露の症状がみられる場合、直ちに受診し、曝露の詳細を伝える。

獣医師は、ペットの嘔吐やけいれんなどの症状をみたら、家庭内にフルオロウラシル軟膏を使用する人がいないかを尋ねる必要があると、FDAは述べている。また、フルオロウラシル軟膏を処方する医師や調剤する薬剤師は、患者がペットを飼っている場合、薬剤に触れさせないよう助言する必要がある。(HealthDay News 2017年1月19日)

▼外部リンク
Skin Cancer Cream Linked to 5 Dog Deaths: FDA

HealthDay
※掲載記事の無断転用を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • CD38遺伝子型によって、結婚後の夫婦の満足度が変わる?
  • 新型コロナ禍の弊害?週5回以上の消毒剤使用がぜんそく発作を誘発する可能性
  • 新型コロナ患者の脳の毛細血管に巨核球を確認、「ブレインフォグ」と関連?
  • 「よく昼寝をする」理由に遺伝子が関連?123か所の遺伝子座を特定
  • 亜鉛とビタミンCのサプリメント摂取、新型コロナからの回復に影響は?