医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】薬事・食品衛生審議会血液事業部会適正使用調査会、「血液製剤使用指針」を了承-エビデンスに基づき推奨度提示

【厚労省】薬事・食品衛生審議会血液事業部会適正使用調査会、「血液製剤使用指針」を了承-エビデンスに基づき推奨度提示

読了時間:約 1分19秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月23日 AM10:30

厚生労働省の薬事・食品衛生審議会血液事業部会適正使用調査会は18日、「血液製剤の使用指針」の改定案を概ね了承した。日本輸血・細胞治療学会による各血液製剤の使用ガイドライン策定と並行して行われているもので、2005年以来の大幅な改定となる。医療機関での推奨度について、「強い」「弱い」の2通りで提示すると共に、効果に対するエビデンスの強さに応じてA~Dの4段階で示すなど、最新の知見に基づいた内容に更新。3月の部会で了承後、年度内をメドに改定する方針だ。

改定案は、これまでの指針で定義してきた治療開始のトリガー、目標値の設定の仕方などについて、同学会による「科学的根拠に基づいた輸血ガイドライン(仮称)」に準拠させた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【諮問会議】感染予防と経済両立を-骨太方針に向け方向性
  • 【経産省】後発品切り替えに報奨金-窓口負担の2割以内で可能
  • ワクチン開発へ500億円基金-政府が2次補正予算
  • 【国立国際医療研究センター】国際治験の第二弾参加-「バリシチニブ」併用効果を検証
  • 【薬価部会】毎年改定向け調査に賛否-コロナ影響の意見聴取へ