医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > ドラッグストア希望、薬学生の1割超に-薬ゼミが就職動向調査

ドラッグストア希望、薬学生の1割超に-薬ゼミが就職動向調査

読了時間:約 2分47秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月16日 AM10:15


■OTC扱える魅力で志望増

ドラッグストアを第1志望業界とした薬学生が全体の10%を超え、、病院・クリニックに続き、新卒薬剤師の進路として受け入れられつつあることが、薬剤師国家試験予備校大手「」が薬学生を対象に行った就職動向調査で明らかになった。また、インターンシップに参加した学生が多い調剤薬局ほど、より多くの内定者を確保しており、インターンシップを起点に、説明会、面接、内定獲得まで学生が選考に進んでもらう仕組みを構築していく重要性が浮き彫りになった。優秀な新卒薬剤師を採用するためには、企業で就業体験させる「インターンシップ」が決め手といえそうだ。

■新卒採用 インターンが決め手

調査は、薬学生の就職活動状況の実態を把握することを目的とし、昨年8月に薬ゼミオンライン登録者2960人を対象にウェブ調査を行ったもの。約6割程度が調剤薬局志望者となっているが、ドラッグストアの人気も高まってきている。実際、薬学生に「第1志望業界」を聞いたところ、調剤薬局の36%、病院・クリニックの35%に続き、ドラッグストアが11%と1割を超えた。地域に密着している点や、今後の将来性、患者だけではなく一般者とも触れ合える健康サポート機能への関心などが挙げられた。特に“OTC薬を扱いたい”という理由からドラッグストアを目指す学生が増えたことは注目すべき動きだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協総会】費用対評価、範囲拡大に慎重論-「時期尚早」と反対意見多く
  • 【厚労省】スイッチ化の可否行わず-企業が厚労相に直接申請も
  • 【厚労省】WHO試験「詳細な検証を」-レムデシビルの効果認めず
  • 【文科省委員会】橋渡し研究支援機関を認定-大学発シーズ実用化加速へ
  • 【日薬調査】薬局経営、8月はやや改善-インフル同時流行に警戒