医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 緑内障・高眼圧症治療の配合点眼液「ミケルナ」を発売-大塚製薬

緑内障・高眼圧症治療の配合点眼液「ミケルナ」を発売-大塚製薬

読了時間:約 1分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月13日 PM12:00

カルテオロール塩酸塩とラタノプロストの2つの有効成分を配合

大塚製薬株式会社は1月11日、緑内障・高眼圧症治療の新配合点眼液「(R)配合点眼液」を発売した。販売については、千寿製薬株式会社と共同販促()を実施するとしている。


画像はリリースより

同剤は、同社が独自に創製した非選択性β遮断薬のカルテオロール塩酸塩と、プロスタグランジン関連薬であるラタノプロストの2つの有効成分を配合した点眼液。カルテオロール塩酸塩の眼圧下降作用の持続化剤であるアルギン酸も配合している。

カルテオロール塩酸塩は、毛様体上皮における房水産生を抑制することで眼圧を下降させる作用がある。もうひとつの有効成分であるラタノプロストは、プロスタノイドFP受容体の活性化によるぶどう膜強膜からの房水流出を促進する作用を持ち、1日1回点眼という利便性の良さから、緑内障・高眼圧症治療薬として現在最も使用されている。

患者の利便性と治療効果の向上に期待

緑内障は、日本における失明原因の上位に位置する不可逆性の視機能障害。唯一の治療法は眼圧下降とされている。原則として単剤から治療開始するが、眼圧が十分に下降しない場合は複数の点眼液で治療することが多い。しかし、多剤併用になるとアドヒアランスが低下して効率的な治療が期待できないため、治療効果をより確実にするための配合点眼液の利用が望まれていた。ミケルナの発売により、患者の利便性と治療効果の向上が期待される。

なお、現在、大塚製薬と千寿製薬が販売している緑内障・高眼圧症治療剤「ミケラン点眼液」「ミケランLA点眼液」も2017年4月1日より大塚製薬に販売を一元化し、両社で共同販促を実施する予定。(遠藤るりこ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • ALSを含む神経変性疾患での抗体医薬の共同研究契約を締結-田辺三菱/OMR社/TC社
  • Risankizumab、乾癬対象の4つ目のP3試験ですべての主要評価項目達成-アッヴィ
  • DS-3201、非ホジキンリンパ腫対象P1試験の予備的有効性でORR58.8%-第一三共
  • アテゾリズマブ/アバスチン併用療法、腎細胞がんでPD-L1発現患者のPFS延長-中外
  • イムブルビカ、再発・難治性のMCLにおける長期の有効性・安全性示す-米ヤンセン