医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 年末年始に増える心臓関連死、原因は寒さではなく「休暇シーズン」そのもの

年末年始に増える心臓関連死、原因は寒さではなく「休暇シーズン」そのもの

読了時間:約 1分40秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月11日 AM10:00

年末年始に心臓死が増加する理由

クリスマスから正月にかけて心臓関連死が増大する原因は、冬の寒さではなく休暇シーズンそのものであることが、新たな研究で示された。南半球のニュージーランドで、12月25日~1月7日に心臓関連死が4%以上増大することが判明したという。研究を率いたメルボルン大学()のJosh Knight氏は、「北半球の冬にみられる“”は、夏期の南半球でも認められる。季節とは関係なく休暇によるリスクがある」と述べている。


画像提供HealthDay

休暇が死亡の増加につながる理由についてはさまざまな見解がある。Knight氏によると、主な原因となっている集団は2つあり、その1つは休暇を自宅で過ごそうとする重篤患者であるという。死期の近い患者は、病院で長く生きるよりも家族とともに年末年始を過ごす選択をし、その結果、高度な治療が受けられず死亡リスクが高くなると、同氏は説明する。

もう1つは、休暇のために治療を先延ばしにしたことにより心臓発作で死亡してしまう患者で、通常であれば死に至ることのなかった集団であるという。その他にもいくつかの説があり、たとえば休暇によるストレス、食事の変化や飲酒量の増加、病院の人員不足、自宅から離れた場所への外出などが考えられる。

今回の研究では、ニュージーランドの25年間(1988~2013年)のデータを分析。計73万8,000件の死亡が発生し、このうち19万7,000件強が心臓関連死であった。毎日の気温については追跡していないが、ニュージーランドの島国の気候では、心臓関連死の原因となるような極端な気温はみられないとKnight氏は述べている。この報告は「Journal of the American Heart Association」オンライン版に2016年12月22日掲載された。

米レノックス・ヒル病院(ニューヨーク市)のItzhak Kronzon氏は、休暇中に死亡例が増加する原因について研究著者らの仮説に同意し、「重篤疾患の患者のなかには、自分の死については自分で管理しようと決めており、年末年始の休暇には薬を止める、医師を呼ばないなどと決める人もいる」と説明している。

この時期の死亡を低減する方法については明確な助言はできないが、高カロリーの食事や喫煙、過剰な飲酒を避けるほか、遠出する場合は緊急時の医療サービスについて把握しておき、心臓に異変の徴候がみられたときは治療を先延ばしにしてはならないと、同氏は話している。(HealthDay News 2016年12月22日)

▼外部リンク
Is Season the Reason Why Heart Deaths Spike at Christmas?

HealthDay
※掲載記事の無断転用を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 検査や処置の数や費用は医療の質と無関係
  • 血圧低下によるめまいが認知症のリスクを高める
  • 大豆摂取の乳がん生存者は死亡率が低い
  • 流し台が入院患者の多剤耐性菌感染経路のひとつに
  • コントロール不良の高血圧患者、必要な薬剤をすべて飲んでいるのは2割