医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 東京薬業四団体が賀詞交歓会-研究開発税制見直し要望

東京薬業四団体が賀詞交歓会-研究開発税制見直し要望

読了時間:約 1分39秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月11日 AM10:30

東京薬業4団体()は6日、都内で新年賀詞交歓会を開き、新年の門出を盛大に祝った。

主催者を代表してあいさつした東薬工の内藤晴夫会長は、薬剤の価値とその価格が課題だと指摘した。製薬産業の担う役割として、「優秀薬剤を創出し、それらを必要とする人々にしっかりと届けられる『アクセス』が重要」とした一方、優秀薬剤の創出と医薬品アクセスを確保していくためには、「価格のあり方とアクセスの関係が今日的な課題となっている」との問題を提起した。薬価制度の抜本的改革に向けた議論が進められる中、薬剤が持つ価値をどのように評価していくかについて「もっと議論を尽くすべき」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 新薬加算「問題多い仕組み」、国民負担減へ廃止を要求-財政審が建議
  • 【淀川区薬剤師会/大阪回生病院】薬局主導で疑義照会簡素化-地域共通のプロトコル目指す
  • 【規制改革推進会議】新薬処方制限、“14日以上”の選択肢提示を-敷地内薬局は「運用を注視」
  • 【厚労省】後発品80%達成は20年9月-塩崎厚労相、目標時期を明言
  • 【聖マリ医大病院】フォーミュラリーで薬剤費減、1年間で約2000万円-後発品の数量割合9割超に