医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 東京薬業四団体が賀詞交歓会-研究開発税制見直し要望

東京薬業四団体が賀詞交歓会-研究開発税制見直し要望

読了時間:約 1分39秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月11日 AM10:30

東京薬業4団体()は6日、都内で新年賀詞交歓会を開き、新年の門出を盛大に祝った。

主催者を代表してあいさつした東薬工の内藤晴夫会長は、薬剤の価値とその価格が課題だと指摘した。製薬産業の担う役割として、「優秀薬剤を創出し、それらを必要とする人々にしっかりと届けられる『アクセス』が重要」とした一方、優秀薬剤の創出と医薬品アクセスを確保していくためには、「価格のあり方とアクセスの関係が今日的な課題となっている」との問題を提起した。薬価制度の抜本的改革に向けた議論が進められる中、薬剤が持つ価値をどのように評価していくかについて「もっと議論を尽くすべき」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【老年医学会】高齢者高血圧に診療指針-虚弱抑制へ降圧治療を推奨
  • 患者アウトカムの重視を-厚労省・紀平薬事企画官、専門・認定制度の乱立受け
  • 【厚生労働省検討会】MID-NET運用で報告書-利用料は製販後調査4212万円
  • 【大垣市民病院薬剤部】薬剤師外来実施で治療完遂率が向上-副作用で離脱、大幅に改善
  • 【厚労省】複数回使用は「使用量」請求-近く通知発出へ