医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > PM2.5や黄砂など微細粒子吸入によるアレルギー性炎症の発症機構解明-阪大

PM2.5や黄砂など微細粒子吸入によるアレルギー性炎症の発症機構解明-阪大

読了時間:約 1分20秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月28日 AM11:30

免疫系を刺激するアジュバント効果がアレルギー性炎症を誘導

大阪大学は12月21日、微細粒子の吸入によるアレルギー性炎症の発症機構を解明したと発表した。この研究は、同大学免疫学フロンティア研究センターの石井健特任教授および黒田悦史特任准教授らの研究グループによるもの。研究成果は、米科学誌「Immunity」にオンライン掲載された。


画像はリリースより

アレルギー性疾患は先進国を中心に増加の一途をたどっており、その要因のひとつとして大気中に浮遊する微細粒子(、ディーゼル粒子など)の関与が示唆されている。これまで多くの報告から、このような微細粒子は免疫を刺激する「アジュバント効果」を有しており、アレルギー因子のIgEを誘導してアレルギー性炎症を引き起こすことが示されていたが、その詳細は明らかになっていなかった。

アレルギー性炎症や肺の炎症性疾患の予防や治療法開発へ

PM2.5などの微細粒子は、吸入されると気道の奥にまで到達、炎症反応を惹起する。炎症反応が起こると肺に常在する肺胞マクロファージが微細粒子を貪食し、体外へ排出させると考えられている。

そこで同研究グループは、マウスから回収した肺胞マクロファージを使ってさまざまな種類の微細粒子を貪食させたところ、アレルギー性炎症を引き起こす微細粒子を貪食した場合にのみ、肺胞マクロファージが細胞死を起こし、IL-1アルファというサイトカインを放出することを突き止めた。また微細粒子をマウスの肺に投与すると、IL-1アルファが2週間にわたって肺に放出され続け、その間にアレルゲンを吸入するとIgEが誘導されることが認められたという。これは、微細粒子吸入後は長期的にIL-1アルファが放出され、アレルゲンに感作されやすい状態が続いていることを示している。また肺には異所性リンパ節といわれるリンパ組織が形成され、それがIgE誘導に関与する可能性が示唆されたという。

今回、微細粒子がアレルギー性炎症を引き起こす仕組みが明らかになったことで、微細粒子によるアレルギー性炎症だけでなく、肺の炎症性疾患の予防や治療法につながることが期待されると、研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • ALS運動ニューロンの細胞死抑制に慢性骨髄性白血病治療薬が有効か-CiRA
  • 欧米型の食事でも死亡リスクが下がる傾向、日本人約8万人の追跡調査から-国がん
  • 腸管における鉄の吸収調節メカニズムの一端を解明-京大ら
  • 統合失調症など初発精神病群のグルタミン酸系神経伝達異常の一端を解明-東大ら
  • 遺伝子スイッチ法を用いた難治性白血病の新たな治療手法を発見-京大