医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】スイッチ候補16成分公表-PPIやトリプタン薬など、新スキームで要望第1弾

【厚労省】スイッチ候補16成分公表-PPIやトリプタン薬など、新スキームで要望第1弾

読了時間:約 1分40秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月14日 AM11:00

厚生労働省は、医療用医薬品から一般用への転用が望まれるスイッチOTC医薬品について、学会や一般などからの要望のあった候補成分の第1弾として16成分を公表した。胃潰瘍治療薬「オメプラゾール」などプロトンポンプ阻害薬や片頭痛治療薬「スマトリプタンコハク酸塩」などトリプタン系薬剤の要望が見られた。

厚労省は、4月に開催した「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」で、「多様な主体からの意見」が反映される仕組みを構築するため、学会や団体、消費者などから、スイッチOTC薬の候補成分の募集を随時、受け付ける仕組みとすることを確認しており、今回は8月5日から11月30日までに要望を受け付けた候補成分として16成分を公表した。新スキーム下での第1弾となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬連】供給停止時手続きで通知-事前報告書の記載見直し
  • 【厚労省検討会】卒後研修の法制化求める声-臨床現場負担増に懸念も
  • 【厚労省】後発品全品目が規格適合-19年度品質検査、バイオ後続品も初対象に
  • 【日病薬調査】病薬研修会、約7割で再開-ウェブ環境整備に支援要望
  • 【厚労省】入院を高齢者などに限定-指定感染症の政令改正へ