医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【文科省連絡会議】実習評価方法、概ね了承-4期制は薬局から開始へ

【文科省連絡会議】実習評価方法、概ね了承-4期制は薬局から開始へ

読了時間:約 2分15秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月02日 AM10:30

文部科学省の「薬学実務実習に関する連絡会議」は11月30日、2019年から実施される新しいモデル・コアカリキュラムに準拠した実務実習を適切に評価するための方法と、実習を効果的に進めるため、大学と実習施設が連携して実習生ごとに作成する「実務実習計画書」に記載する事項を概ね了承した。また、病院と薬局で行われる実習に連続性を持たせるため、実習の枠組みを現行の3期制から4期制に変更。薬局実習を1~3期、病院実習を2~4期に実施し、薬局実習からスタートするようにし、第1期の実習を2月中旬から開始することを決めた。

昨年2月に策定した「実務実習に関するガイドライン」では、学習成果基盤型(OBE)の考え方に基づいて、コアカリの薬学臨床の中項目GIO(5項目)の到達度を指標とした評価を求めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省検討会】卒後研修の法制化求める声-臨床現場負担増に懸念も
  • 【厚労省】後発品全品目が規格適合-19年度品質検査、バイオ後続品も初対象に
  • 【日病薬調査】病薬研修会、約7割で再開-ウェブ環境整備に支援要望
  • 【厚労省】入院を高齢者などに限定-指定感染症の政令改正へ
  • 【社人研】社会保障給付が121兆円に-過去最高、GDP比も上昇