医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【諮問会議】「オプジーボ」50%以上引下げを-塩崎厚労相、期中改定を明言

【諮問会議】「オプジーボ」50%以上引下げを-塩崎厚労相、期中改定を明言

読了時間:約 1分16秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月19日 AM11:30

政府の経済財政諮問会議は14日、2017年度予算編成に向けた歳出改革の議論を開始した。民間議員は、医療費増の主な要因に薬剤費を指摘。特に抗癌剤「」の大胆な薬価引き下げを提言したほか、「50%以上の引き下げが必要」との意見も出た。これに対し、塩崎恭久厚生労働相は「オプジーボについては薬価を期中に見直し、さらに18年度に向けて抜本的見直しを考えていく」と明言した。

民間議員は、20年度の財政健全化目標を実現するため、来年度の社会保障関係費について、3年間で1兆5000億円程度に伸びを抑える基調を継続するよう自然増6400億円を圧縮すべきと強調。医療費増の主な要因である薬剤費の抑制に向け、高額薬に偏りがちな生活習慣病治療薬の処方適正化、費用対効果を踏まえた薬価設定を進めるべきとした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】地域連携薬局1000軒突破-3桁台は3都府県に
  • 【20年度医療経済実態調査】薬局の利益率ほぼ横ばい-大病院門前、敷地内は上昇
  • 【厚労省】抗原検査キット、広告可に-薬剤師の対面販売「必要」
  • 【厚労省】離島の調剤制限緩和検討-常駐看護師が薬剤取り揃え
  • 【臨床研究部会】臨床研究法見直しで中間案-CRB認定要件を厳格化