医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】15年度調剤費、8兆円に迫る-C型肝炎薬が薬剤料押し上げ

【厚労省】15年度調剤費、8兆円に迫る-C型肝炎薬が薬剤料押し上げ

読了時間:約 2分33秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月16日 PM01:30


■概算医療費は40兆円突破

厚生労働省は13日、2015年度の医療保険と公的負担医療分を合わせた概算医療費を公表した。前年度に比べて3.8%増の41兆4627億円と40兆円を突破した。特に調剤医療費(電算処理分)は、C型肝炎治療薬の抗ウイルス剤など化学療法剤の伸びが薬剤料を押し上げた結果、9.3%増の7兆8192億円と大幅に伸長し、8兆円に迫る勢いを見せた。厚労省は、「医療費の伸び率のうち、C型肝炎治療薬などの高額薬剤が1%程度影響した」と分析している。

医療費の内訳を見ると、入院が1.9%増の16.4兆円、入院外+調剤が5.4%増の22.1兆円となった。医療費の伸び率は、12年度以降2%前後で推移する傾向が続いていたものの、前年度比3.8%と高い伸びを示した。厚労省は、高齢化や人口減、受診延べ日数のプラス、高額薬剤の使用などが影響したとの見方を示している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】スイッチ化へ中間骨子案-販売体制や環境整備など
  • 【厚労省】デジタル化関連で新事業-電子処方箋システムに38億円
  • 【福岡県協議会】地域ケア病棟で処方適正化-薬剤師の薬学的介入が寄与
  • 【富士フイルム富山化学】アビガン、来月承認申請へ-新型コロナで主要項目達成
  • 【田村厚労相が会見】遠隔診療の恒久化を検討-中間年改定、骨太で判断