医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > 最新FPD搭載のデシタル式回診用X線撮影装置、販売開始-島津製作所

最新FPD搭載のデシタル式回診用X線撮影装置、販売開始-島津製作所

読了時間:約 1分10秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月15日 PM02:00

富士フイルム製DRシステムも使用可能に

株式会社島津製作所は、これまで同社が販売しているデジタル式回診用X線撮影装置「」のラインナップに、富士フイルム株式会社製の最新FPD(フラットパネルディテクタ)を搭載するモデルを追加し、9月13日から販売を開始した。


画像はリリースより

同装置はこれまで同社製DRシステム、キヤノン株式会社製DRシステムに対応していたが、今回の追加ラインナップで富士フイルム製DRシステムも使用可能になった。これは島津製作所が推進している、ニーズに合ったDRシステムを同社の撮影装置に組み合わせて提供する「DR NEUTRAL(ディーアール ニュートラル)」というコンセプトに基づくもの。

NICUでの使用に最適なサイズも

今回の販売によって、広視野サイズや救急処置室・新生児集中治療室()での使用に最適なコンパクトサイズなど、3サイズ5種の富士フイルム製FPDが新たに使用可能になった。このFPDは、国際電気標準会議が定める防水規格IPX6に準拠し、耐荷重310kgと堅牢性にも優れているため、救急用途や感染症病棟などで力を発揮する。

中でも、汎用タイプの14×17インチのFPDは、業界最軽量クラスの2.5kgであり、操作者の負担を軽減する。また、グリッドなしで撮影画像から散乱X線を除去する機能をオプションで追加すれば、グリッド分が軽量になり着脱の手間もなくなるため、回診業務の効率も向上するとしている。

さらに、画像表示部に17インチの大型液晶モニタを採用したことで、視認性やタッチパネルの操作性を高めており、FPDにカバーを装着する際に便利なスリットや小物収納スペースなど、操作者のニーズに応える最新モデルとなっている。同装置は、全世界累計で2,900台以上販売されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 子宮体がん、子宮鏡画像を用いたAI自動診断システムの開発に成功-東大病院ほか
  • 改良型「ヒト胃消化シミュレーター」開発、食品の消化挙動をリアルに模擬-農研機構ほか
  • 色素性乾皮症D群、開発した新規計算創薬法で治療薬候補発見-神戸大ほか
  • 糖尿病専門医レベルの方針決定が可能な人工知能システムを開発-新潟大ほか
  • 頭皮で記録された脳波信号から音声を直接再構築する技術を開発-東工大