医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 外国平均価格調整ルール見直しを-薬価算定組織・清野委員長

外国平均価格調整ルール見直しを-薬価算定組織・清野委員長

読了時間:約 1分9秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年08月26日 AM11:00

薬価算定組織の清野精彦委員長は、24日の中央社会保険医療協議会総会で、外国平均価格調整ルールを見直す必要性について言及した。

同ルールは、類似薬効比較方式Iおよび原価計算方式のいずれの場合においても、外国価格との乖離が大きい場合に薬価の調整を行うためのもの。具体的には、米、英、独、仏の価格の平均額の1.5倍を上回る場合は引き下げ、外国平均価格の0.75倍を下回る場合には引き上げ(ただし、算定値の2倍を上限)を行うことになっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】薬剤師の配置時間見直しへ-年度内に一定の方向性
  • 【財政審】初年度に相応しい改定を-中間年、全品対象強調
  • 【流改懇】十分な価格交渉できず-コロナ影響、川下取引で
  • 【厚労省検討会】実務実習体制、認識に乖離-受け入れ施設側と学生で
  • 【厚労省】違う剤形区分、個別判断-後発品規格揃えで再見解