医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > EGFR遺伝子変異陽性肺腺がん、罹りやすさ決める遺伝子領域発見-国がんら

EGFR遺伝子変異陽性肺腺がん、罹りやすさ決める遺伝子領域発見-国がんら

読了時間:約 1分55秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年08月12日 PM02:00

アジア人に特有の危険要因が存在

国立がん研究センターは8月9日、日本人の肺腺がんの約半数を占め、非喫煙者や女性、若年者にも多いEGFR(上皮増殖因子受容体)遺伝子変異陽性肺腺がんについて、罹りやすさを決める遺伝子領域を発見したと発表した。この研究は、国がんと理化学研究所、、京都大学、、神奈川県立がんセンターなどからなる共同研究グループによるもの。研究成果は、国際学術誌「Nature Communications」に8月9日付けで掲載された。


画像はリリースより

肺がんはがん死因の1位で、日本では年間に約7万人、全世界では約135万人の死をもたらす。肺腺がんは、肺がんの危険因子である喫煙との関連が比較的弱く、約半数は非喫煙者での発症だが、喫煙以外の危険因子が特定されていないことから、罹患危険群の把握や発症予防は容易ではない。そのため、喫煙以外の危険因子の同定とそれに基づく罹患危険度の診断法が求められており、国がんや理研、東京大学医科学研究所はこれまでに日本人の肺腺がんのリスク遺伝子を同定してきた。

肺腺がんの発症には人種差があることも知られており、非喫煙者における発症頻度が欧米人よりもアジア人で高いことが報告されている。また、生じた肺がんにおけるEGFR遺伝子変異の頻度が欧米人の約10%に対し、日本人では約50%と非常に高いことから、アジア人に特有の危険要因が存在することが示唆されている。

免疫反応の個人差の原因となるHLAクラスII遺伝子領域関与

研究グループは、国がんバイオバンクやオーダーメイド医療実現化プロジェクト、神奈川県立がんセンター、群馬大学、秋田大学などで収集された日本人のEGFR変異陽性がん3,173例、EGFR変異陰性がん3,694例と、がんに罹患していない対照1万5,158例の血液・非がん組織DNAについて、全ゲノム領域にわたる70万個の遺伝子多型の比較解析を行った。その結果、6つの遺伝子領域の個人差がEGFR変異陽性の肺腺がんへの罹りやすさを決めていることを解明した 。その中には、免疫反応の個人差の原因となるHLAクラスII遺伝子領域が含まれている。

特にHLAクラスII遺伝子産物のうちのひとつであるHLA-DPB1タンパク質の57番目のアミノ酸の置換を起こす多型が、EGFR変異陽性の肺腺がんの罹りやすさを決める原因多型のひとつと考えられる。HLA遺伝子群の個人差は臓器移植における適合性など免疫反応の個人差の原因となるものだが、その個人差の分布は、人種によって大きく異なっている。よって、EGFR遺伝子に変異を起こした細胞に対する免疫反応の違いなど、いくつかの遺伝子の個人差による生体反応の個人差が、EGFR変異陽性肺腺がんへの罹りやすさを決めていると考えられるとしている。

肺腺がんの罹りやすさに遺伝子の個人差が関係することが明らかになったことから、今後、EGFR変異陽性肺腺がんに罹りやすい人を予測し、検診による早期発見や、発がんメカニズムの解明ができる可能性があると、研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 脳内ヒスタミン、一部の神経細胞に働き記憶・学習促進の可能性-名古屋市立大ほか
  • 骨髄異形成症候群、MSCの骨芽細胞分化障害を介した造血不全機序を解明-FBRIほか
  • 治療抵抗性うつ病への「維持rTMS療法」を先進医療で実施、世界初-NCNP
  • 先天性甲状腺機能低下症、発症に関わるゲノム領域を同定-成育医療センターほか
  • 肺線維症など種々の炎症性疾患の病状を改善できる新手法の開発に成功-京大ほか