医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > かかりつけ「あくまでも手段」-中山薬剤管理官「患者本位・地域貢献が大切に」

かかりつけ「あくまでも手段」-中山薬剤管理官「患者本位・地域貢献が大切に」

読了時間:約 1分56秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年08月01日 AM10:30

厚生労働省保険局医療課の中山智紀薬剤管理官は7月28日、薬事日報のインタビューに応じ、「患者がかかりつけ薬剤師・薬局のメリットを実感できるような調剤報酬を目指していきたい」との抱負を語った。その上で、2016年度診療報酬改定で新設された「かかりつけ薬剤師指導料」などについて、「かかりつけ薬剤師になることが目的になってはいけない。あくまで手段だ」とし、「実際に服用している薬剤の種類が減ったり、残薬が解消されたなど、どういうメリットがあったのかは必ず問われてくる」との認識を示した。

中山氏は、かかりつけ指導料などについて、「形式的ではなく、いかに魂を込めて取り組めるかということではないか」とし、業務の中身をより充実させる必要性を強調した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】かかりつけ薬剤師以外が対応-指導料算定薬局の6割で
  • 【PMDA】既承認製品を対照群にーコロナワクチン治験で見解
  • 【第一三共】中和活性の上昇確認-コロナワクチン国内I/II相
  • 【中医協総会】薬歴管理料見直しに反対-多剤服薬指導で加算認めず
  • 【薬価部会】低開示品目に厳格対応を-原価計算方式のあり方議論