医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬学共用試験センター】OSCEで不正行為発覚-試験情報をツイッター投稿

【薬学共用試験センター】OSCEで不正行為発覚-試験情報をツイッター投稿

読了時間:約 1分19秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月27日 AM10:30

昨年度に実施された薬学共用試験のOSCE(客観的臨床能力試験)で、試験情報をツイッターに投稿する不正が1件あったことが、23日に開かれた薬学共用試験センター総会で報告された。受験生は、OSCEの受験前に不正行為を禁じる同意書に署名していたにもかかわらず、自分の試験が終了した後に、課題ごとに用意された小部屋の「ステーション」に関する情報をツイッターに投稿する不正を行った。その大学は受験生を不合格とし、再試験の受験もできない処分を下した。

昨年度に実施された共用試験のOSCEでは、2014年度に発生した携帯電話の持ち込みはなかったものの、試験に関する情報をツイッターに投稿する不正行為が1件発生した。不正行為は、受験生が自分の試験を終えた後に、ステーションに関する情報をツイッターに投稿し、それに別の受験生が返信した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 医薬品医療機器総合機構運営評議会、RWDの申請資料活用、20年度事業計画に盛る
  • 【厚労省】妥当性検証に基本的考え-製販後DB調査前の実施を
  • 【厚労省】安定確保薬、年度末に選定-厚労省が骨子案
  • 【政府】コロナワクチン供給で合意-米ファイザーと6000万人分
  • 【AMED】創薬ライブラリーの基盤構築-複数企業化合物を一元管理