医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 集中率下げ、顔の見える関係を-かかりつけ指導料、バリエーションも大事

集中率下げ、顔の見える関係を-かかりつけ指導料、バリエーションも大事

読了時間:約 2分19秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月08日 AM10:30


■厚労省・中井薬剤管理官が講演

厚生労働省保険局医療課の中井清人薬剤管理官は4日、福岡県宗像市内で開かれた福岡県薬剤師会の指導者研修会で講演した。2016年度診療報酬改定で新設された、かかりつけ薬剤師指導料・同包括管理料をさらに発展させていくため、小児や高齢者の服薬情報を一元的・継続的に把握した場合の加算を獲得するなど、バリエーションを増やしていく必要性を強調した。また、次回の改定でも大型門前薬局に対する評価が厳しくなることを踏まえ、かかりつけ指導料と2回目以降の点数を低く設定した「薬剤服用歴管理指導料」を通して、「とにかく集中率を下げるべき」と主張。複数の医療機関から処方箋を受けて一元管理するという医薬分業の原点に立ち返ると共に、OTC薬や衛生材料、健康食品なども取り揃え、医療従事者や地域住民と顔の見える関係を構築しておく必要性を強調した。

中井氏は、「かかりつけ薬剤師指導料」(70点)と「かかりつけ薬剤師包括管理料」(270点)について、多くの薬局がしっかり取り組んでいく過程で、小児や高齢者に対する薬学的管理のエビデンスが蓄積された場合に、加算を新設していくなど、枝葉を広げつつ、発展させていくことを「考えていかなければならない」との認識を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【諮問会議】中間年調査の実施確定-骨太方針原案に記載なく
  • 【九州豪雨】卸の営業所が機能停止に-医薬品供給は連携でカバー
  • 【薬害オンブズ会議】観察研究の登録中止を-アビガン高致死率に懸念
  • 【理研が世界初】コロナ薬候補の抽出成功-既存薬からスパコン「富岳」で
  • 国立精神・神経医療研究センター、DMDのレジストリ構築-「ビルテプソ」を長期的評価