医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > B型慢性肝疾患治療薬「テノゼット」、国内生産錠の出荷開始へ-GSK

B型慢性肝疾患治療薬「テノゼット」、国内生産錠の出荷開始へ-GSK

読了時間:約 57秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年05月20日 PM01:00

天津浜海新区倉庫爆発事故の影響で国内生産に変更

グラクソ・スミスクライン株式会社は5月18日、B型慢性肝疾患治療薬「(R)錠300mg」(一般名: ジソプロキシルフマル酸塩)の国内生産錠の出荷を開始すると発表した。

同剤は、4月25日付けで国内生産に関わる医薬品製造販売承認事項一部変更承認を取得。出荷準備が進められており、十分な在庫が確保できたことから、国内生産錠の出荷を開始するという。

日本国内で流通するテノゼットは、GSKの中国・天津工場で製造されていたが、2015年8月12日に発生した天津浜海新区倉庫爆発事故で同工場が被災。以降、日本市場への製造・出荷が停止していた。同年8月31日からは、同剤の出荷調整を実施し、緊急的な措置として海外で製造販売されている同一有効成分の製剤(青色の錠剤)を出荷していた。

包装および錠剤の刻印と色が変更

グラクソ・スミスクラインは、テノゼットの安定供給を確保するべく、栃木県日光市の今市工場における生産体制の構築。今回の承認取得により、錠剤の製造から包装および品質検査までを国内工場で行うことで、より安定的な供給を確保することが可能な環境が整ったという。

なお、今回の製造工場の変更に伴い、包装および錠剤の刻印と色(薄い青色→白色)が変更される。国内生産錠の流通については、6月1日以降の医療機関発注分より、順次出荷を開始する予定としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • デュピクセント、中等・重症の成人・青少年ぜんそくで効果が3年持続-仏サノフィほか
  • EGFR変異陽性NSCLC、GioTagアップデート研究の最終解析結果を発表-独ベーリンガー
  • エンパグリフロジン、左室駆出率低下の心不全対象P3試験結果を発表-独ベーリンガーと米リリー
  • 多発性硬化症治療薬「メーゼント錠」発売、CYP2C9検査無償提供も開始-ノバルティス
  • 乳がん対象、PRDM14標的の核酸医薬候補「SRN-14/GL2-800」のP1試験を開始-がん研ほか