医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【16年3月期決算】製薬大手、好決算相次ぐ-アステラスは過去最高益

【16年3月期決算】製薬大手、好決算相次ぐ-アステラスは過去最高益

読了時間:約 2分45秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年05月16日 AM10:30


■アステラスは過去最高益

国内製薬大手の2016年3月期決算が13日、出揃った。売上がほぼ横ばいにとどまったエーザイを除き、増収営業増益を達成する好決算となった。武田薬品は、売上1兆8000億円を突破し、前期の最終赤字から一気に回復。アステラス製薬は、二桁の増収増益、売上・利益で過去最高を更新した。第一三共は、米子会社ルイトポルトが好調で、国内でも増収を確保。エーザイも8割の営業増益と成長回帰にメドをつけた。しかし、国内が薬価改定年となる今年度は、エーザイ以外、一転して減収を予想。特に第一三共は、主力の降圧剤「オルメサルタン」の米国特許切れを控え、厳しい年になりそうだ。

表:国内製薬大手4社の2016年3月期決算

武田薬品は、1.7%の増収。降圧剤「」や糖尿病治療薬「」といった主力品から新製品主体にシフトする製品構成の若返りが実を結びつつある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【豊中市、豊中市薬剤師会、大阪大学】健サポ薬局に「豊中モデル」-産官学の協働事業スタート
  • 【中医協総会】多剤解消等の評価で意見二分-診療側「極めて重要」、支払側「新設必要ない」
  • 【第4次安倍再改造内閣】加藤前厚労相が再登板-社会保障「しっかり議論」
  • 【覆面調査】4年連続で遵守率が低下-乱用恐れ医薬品の販売規則
  • 【厚労省】PHRの活用へ環境整備-来年度早期に工程表策定