医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【財政審】薬剤費総額の増加問題視-高薬価製品のあり方も俎上

【財政審】薬剤費総額の増加問題視-高薬価製品のあり方も俎上

読了時間:約 1分22秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年04月08日 AM11:00

財務省は4日、財政制度等審議会財政制度分科会で薬剤費総額が増加している現状に問題意識を示した。また、日本赤十字社医療センター化学療法科の國頭英夫部長は、20mgで15万0200円、100mgで72万9849円の薬価がついた小野薬品の抗癌剤「」を例に挙げ、癌治療における高額な薬剤の使用のあり方について問題提起した。

この日の会合では、「経済・財政再生計画」の着実な実施()をテーマに議論。財務省は、薬価について「市場実勢価格を反映して継続的にマイナス改定がなされているものの、薬剤費総額は高齢化などによる使用量の増加や年度途中の新薬の保険収載などで増加している」と指摘した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 宮崎大学、NTTデータ、ファイザー、治療効果判定に有用情報-癌患者の電カルから抽出
  • 【埼玉県薬剤師会】小児在宅で多職種連携-入院・退院後に情報共有
  • 【厚労省】接種間隔「6カ月」可能に-クラスター地域は例外運用
  • 【中医協総会】調剤料見直しの声相次ぐ-一部は対人業務として整理
  • 【厚労省】地域連携薬局1000軒突破-3桁台は3都府県に