医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【再評価部会】消炎酵素剤の有効性認めず- リゾチーム製剤を販売中止

【再評価部会】消炎酵素剤の有効性認めず- リゾチーム製剤を販売中止

読了時間:約 1分31秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年03月23日 AM11:00


■再評価部会で判定

薬事・食品衛生審議会医薬品再評価部会は17日、「リゾチーム塩酸塩」「プロナーゼ」の2成分について再評価を審議し、現時点で有効性が確認できないと判定した。これを受け、リゾチーム塩酸塩を製造販売するあすか製薬、、シオエ製薬、プロナーゼを製造販売する科研製薬は同日、製剤の販売を中止し、自主回収すると発表した。これにより、両製剤は市場から撤退する。

リゾチーム製剤については、2012年1月に同部会から再評価指定を受け、製造販売を行う4社が気管支炎、気管支喘息、気管支拡張症を適応とし、(COPD)患者での標準治療に対するリゾチーム製剤の上乗せ効果を検討する製造販売後臨床試験を実施した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【AMED】「AI創薬」の本格実装へ-今年度から新プロジェクト
  • 製品評価技術基盤機構、洗剤がウイルス除去に有効-新型コロナの消毒法検証
  • 【AMED】コロナワクチン9件採択-開発支援へ55億円を配分
  • 【政府】マスク転売規制を決定-供給不足に歯止め
  • 【米モデルナ】コロナワクチンで抗体獲得-第I相試験の中間解析結果