医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > C型慢性肝炎ウイルスに対する効果を検討する第3相試験、日本人の登録を開始-アッヴィ

C型慢性肝炎ウイルスに対する効果を検討する第3相試験、日本人の登録を開始-アッヴィ

読了時間:約 45秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年03月17日 AM06:00

すべてのタイプのC型慢性肝炎ウイルスに効果を検討

アッヴィ合同会社は3月14日、1~6(GT1~6)型のC型慢性肝炎ウイルスに感染した日本人患者を対象とする第3相試験を順次開始していることを発表した。

同試験は、C型肝炎治療レジメン、「ABT-493」およびNS5A阻害剤「ABT-530」による経口剤のみの1日1回投与、リバビリン非併用における有効性および安全性を検討するもの。多施設共同試験で、無作為に選ばれた患者に対し、非盲検下での検討を実施。有効性の主要評価項目は、投与12週後の継続的なウイルス学的著効率(SVR12)となる。

経口剤のみの1日1回投与、治療選択肢拡大に向け

ABT-493は、アッヴィとEnanta Pharmaceuticals社が、現在も進行中のC型肝炎ウイルスプロテアーゼ阻害剤およびプロテアーゼ阻害剤を含むレジメンの共同研究で発見された。

同社のC型肝炎臨床開発プログラムは、すべてのジェノタイプを標的とする経口剤のみの1日1回投与の治療選択肢を検討することにより、C型慢性肝炎患者の臨床診療の発展を目標としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • エブリスディ、I型SMAの乳児対象のFIREFISH試験3年間の成績を発表-ロシュ
  • エヌジェンラ、骨端線閉鎖を伴わない成長ホルモン分泌不全性低身長症で発売-ファイザー
  • 2021年の全世界売上は487億ドル、前年比16%増-MSD
  • 患者自ら装着可能な着衣型3誘導心電計測システムを開発、5月提供開始-慶大病院ほか
  • スペソリマブ、膿疱性乾癬(汎発型)P2試験追加データを発表-独ベーリンガー