医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 積極的な抜き打ち検査を-厚労省・須田監麻課長、“化血研”事件を受け要請

積極的な抜き打ち検査を-厚労省・須田監麻課長、“化血研”事件を受け要請

読了時間:約 1分42秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年03月04日 AM11:30

厚生労働省医薬・生活衛生局の須田俊孝監視指導・麻薬対策課長は1日、全国薬務関係主管課長会議で、国の承認書と異なる方法で血液製剤等を製造し、不正な製造記録を作り組織ぐるみで隠蔽してきた化学及血清療法研究所の不正に言及。「組織的な隠蔽を防止する観点から、ぜひ積極的に無通告、抜き打ちでの立入検査に取り組んでいただくようお願いしたい」と要請した。特にメーカーや製造所が想定していない部分を抜き打ちで確認するなど、立入検査や調査時の工夫を促した。

須田俊孝監視指導・麻薬対策課長

化血研の不正行為に対し、厚労省は1月8日に医薬品医療機器等法()に基づき110日間の業務停止命令を出した。これを受け、製造販売業者、製造業者におけるGQP、GMP省令の遵守状況について計画的な監視指導を行うと共に、不正行為の防止、発見等の観点から、特に承認書と実際の作業との整合性について、直接の証拠に基づき検査を実施するよう各都道府県に通知している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬連】添付文書電子化の対応強化-改正薬機法成立で検討開始
  • 【横浜労災病院薬剤部】病院業務、薬局薬剤師が応援-急場の人材不足解消に試行
  • 【中医協で支払側委員】医薬品卸大手の談合疑惑で「実勢価に影響」懸念相次ぐ
  • 【厚労省】てんかん薬投与後、飛び降り死-治験薬の副作用「否定できず」
  • 改正薬機法が成立-先駆け、条件付承認を制度化