医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】検体測定室は1160カ所-糖代謝、脂質が多数占める

【厚労省】検体測定室は1160カ所-糖代謝、脂質が多数占める

読了時間:約 1分16秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年02月29日 AM10:30

厚生労働省は26日、検体測定室の届け出状況と薬局やドラッグストア等で測定されている項目別の検体測定室数を公表した。1月1日現在で検体測定室の運営件数は1160件。最も多く測定されていた項目はHbA1cで68.8%、次いで血糖が58.8%との結果で、糖代謝関連の簡易検査を行っている検体測定室が約6~7割と多数を占めた。

厚労省によると、検体測定室の届け出状況は1月1日現在で1160件(46都道府県)となった。届け出のあった検体測定室のうち、1141件(98.4%)とほとんどは薬局・薬店、ドラッグストアが占め、その他は駅構内等の商業施設となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】スイッチ化へ中間骨子案-販売体制や環境整備など
  • 【厚労省】デジタル化関連で新事業-電子処方箋システムに38億円
  • 【福岡県協議会】地域ケア病棟で処方適正化-薬剤師の薬学的介入が寄与
  • 【富士フイルム富山化学】アビガン、来月承認申請へ-新型コロナで主要項目達成
  • 【田村厚労相が会見】遠隔診療の恒久化を検討-中間年改定、骨太で判断