医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 「カデチア配合錠LD・HD『あすか』」で武田薬品と事業化契約締結-あすか製薬

「カデチア配合錠LD・HD『あすか』」で武田薬品と事業化契約締結-あすか製薬

読了時間:約 51秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年02月26日 PM12:30

あすか製薬にとって、3製品目のAG

あすか製薬株式会社は2月24日、武田薬品工業株式会社と高血圧症治療剤「カデチア配合錠 LD・HD『あすか』」に関する事業化契約を締結したと発表した。

同剤は、武田薬品の高血圧症治療剤「(R)配合錠」(一般名:)の特許権などをあすか製薬に許諾したオーソライズド・ジェネリック()。武田薬品が製造販売する高血圧症治療剤「ブロプレス(R)錠」(一般名:カンデサルタン シレキセチル)、「ユニシア(R)配合錠」(一般名:カンデサルタン シレキセチル・アムロジピンベシル塩酸錠)のそれぞれの である「カンデサルタン錠『あすか』」、「カムシア配合錠 LD・HD『あすか』」に続く、あすか製薬にとって 3 製品目の となる。

あすか製薬が発売と情報提供、武田薬品が物流業務を担当

同社は2016年2月に厚生労働省よりカデチア配合錠LD・HD「あすか」の製造販売承認を取得し、同年6月の薬価収載に向けて薬価申請を行っている。

この契約に基づき、同剤の薬価基準収載後、あすか製薬は同剤を発売し、医療機関に情報提供を行う。一方、武田薬品は同剤をあすか製薬から仕入れ、特約店に販売する物流業務を担当する。その他の契約内容の詳細については開示していない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • セムブリックス、新作用機序による副作用の少なさがCML治療継続の鍵に-ノバルティス
  • PDE4B阻害剤BI 1015550、IPF対象P2試験で肺機能低下を抑制-独ベーリンガー
  • エブリスディ、I型SMAの乳児対象のFIREFISH試験3年間の成績を発表-ロシュ
  • エヌジェンラ、骨端線閉鎖を伴わない成長ホルモン分泌不全性低身長症で発売-ファイザー
  • 2021年の全世界売上は487億ドル、前年比16%増-MSD