医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > なぜジカ熱は今、ブラジルで流行しているのか

なぜジカ熱は今、ブラジルで流行しているのか

読了時間:約 1分33秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年02月17日 AM10:00

ジカ熱流行の原因は? ―記録的な高温と干ばつが関連か

ブラジルで昨年の冬から春にかけてみられた高温と乾燥が、ジカ熱の流行に関連している可能性があることが、予備的な研究により示唆された。研究を実施したハイファ大学(イスラエル)地理環境学部のShlomit Paz氏は、「エルニーニョ現象と近年の気候変動が重なったことにより、極度の高温および干ばつがもたらされた」と説明している。


画像提供HealthDay

世界保健機関(WHO)は先ごろ、蚊の媒介するジカウイルスがブラジルで過去1年間に発生している重度の先天性異常の原因となった可能性があるとして、緊急事態を宣言した。この先天性異常は小頭症と呼ばれるもので、生まれた児は頭が非常に小さく、脳の損傷を伴う。

米国疾病管理予防センター()は、妊娠中の女性に対し、ジカ熱が多くみられる30の国・地域への渡航を控えることを推奨している。さらに、妊婦の男性パートナーが感染地域に旅行したことがあるか居住している場合は、妊娠期間中の性交を控えるか、性交時にコンドームを使用するよう助言している。

今回の流行は、エルニーニョ現象により中南米の一部で発生した大雨に関連するものだとの見解もあるが、Paz氏や欧州疾病予防管理センター(ECDC、ストックホルム)のJan Semenza氏らの見解はやや異なる。

研究では、ジカ熱流行の原因は2015年後半(南半球では冬から春)にブラジル北東部で発生した記録的な高温と干ばつだと報告している。エルニーニョ現象と気候変動が重なったことに起因して、高温と降雨量の減少が生じた。気温が高くなると、ジカウイルスを保有するヤブカの発生率が上昇する。また、蚊の繁殖には水も必要だが、ブラジル北東部では干ばつ時に容器に水を溜めておく習慣があり、そのため蚊にとっては完璧な生息環境になるという。

今回の研究は、「The Lancet」オンライン版に2月1日掲載された。

研究グループは、気候条件が今回の流行にどのように寄与したのかを引き続き調査している。「今回の流行の健康リスクや、ヤブカがデング熱やチクングニア熱などの他のウイルスも保有するという事実を考えれば、現在の流行の原因を分析することにより明らかにされた気候の影響に対処することが重要である」とPaz氏は述べている。(HealthDay News 2016年2月5日)

▼外部リンク
Record Heat, Drought May Explain Zika Outbreak in Brazil: Research

HealthDay
※掲載記事の無断転用を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 新技術搭載の義足で「自分の足のように」歩くことが可能になる?
  • 中高年層に多い足の血管の「コブ」、米国の患者数は4,000万人超え
  • 高齢になってから始める「筋トレ」、効果はある?ない?
  • 日本でも話題の「次世代モビリティ」、注意点は?
  • 運動量が多く、食習慣が優れた人に見られる共通点