医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > エストロゲンにインフルエンザウイルスを寄せ付けない作用が?

エストロゲンにインフルエンザウイルスを寄せ付けない作用が?

読了時間:約 1分29秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年01月29日 AM10:00

女性はインフルエンザに対する防御力が高い可能性

女性は男性に比べてインフルエンザに対する防御力に優れる可能性があることが、新たな研究で示された。今回の研究では、女性ホルモンであるエストロゲンに、インフルエンザウイルスを寄せ付けない作用があることが判明。男性のほうが女性よりもインフルエンザが重症になりやすいのはそのためだと考えられる。この知見が新たなインフルエンザ治療につながる可能性もある。


画像提供HealthDay

研究グループは、男女の鼻腔細胞を用いた実験で、エストロゲンがインフルエンザウイルスの複製能力を制限するようであることを突き止めた。ウイルスの複製が少なければ、感染者の症状は比較的軽く、ウイルスが他人に拡散しにくくなると、研究を率いた米ジョンズ・ホプキンズ大学(ボルチモア)のSabra Klein氏は説明している。

「別の研究で、エストロゲンにはHIV、、肝炎ウイルスに対する抗ウイルス特性があることが明らかにされているが、今回の研究は2つの点でこれまでの研究とは異なる」とKlein氏は話す。

「1つは、直接患者から分離した一次細胞を用いて研究を実施した点である。これにより、エストロゲンの性特異的な効果を直接確認することができた。もう1つは、エストロゲンの抗ウイルス作用をもたらしているエストロゲン受容体を初めて特定した点である。これにより、エストロゲンの一定の抗ウイルス効果が媒介される機序を深く理解することができた」と、同氏は説明している。

Klein氏は、閉経前の女性はエストロゲン値が1カ月のなかで変化するため、一般集団ではこの効果を確認するのが難しい可能性があると述べる一方、「ある種の避妊法を用いている閉経前女性や、ホルモン補充療法を受けている閉経後女性は、季節性インフルエンザの流行期にも比較的感染しにくいと考えられる」と指摘している。不妊症や閉経期症状の治療に用いる治療的エストロゲンも、ある程度の予防効果をもたらすと考えられるという。

今回の研究は、「American Journal of Physiology — Lung Cellular and Molecular Physiology」オンライン版に2015年12月18日掲載された。(HealthDay News 2016年1月18日)

▼外部リンク
Women May Have Better Flu Defenses

HealthDay
※掲載記事の無断転用を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 寄生虫はマイクロプラスチックに付着して海を浮遊?トキソプラズマ属など3種を調査
  • 米FDA、レムデシビルを12歳未満の小児用COVID-19治療薬として承認
  • 「子どもの定期的なサプリメント摂取」、米調査で明らかになったその割合は?
  • ファイザー/モデルナ/J&Jのコロナワクチン2回接種後の抗体価比較、結果は?
  • アキレス腱断裂、手術療法と保存療法で転帰に違いは?-ランダム化比較試験の結果