医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > ハワイでデング熱が流行中、9月中旬以降122症例を確認

ハワイでデング熱が流行中、9月中旬以降122症例を確認

読了時間:約 1分39秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年12月16日 AM10:00

ハワイでデング熱が増加

この冬、ハワイに旅行する予定のある人は注意が必要だ。ハワイでは現在、蚊が媒介するウイルスであるデング熱が流行しているという。


画像提供HealthDay

9月中旬以降、ハワイでは122件のデング熱症例が確認されており、そのうち106件は地元住民、16件は観光客だという。さらに1例がオアフ島で報告されているが、この症例は今回の流行とは無関係とみられる。対策のため、米国疾病管理予防センター(CDC)の専門家らがハワイ島を訪問したとCNNは報告している。

感染症の専門家である米ピッツバーグ大学医療センター(UPMC)のAmesh Adalja氏は、「旅行者は過剰に心配する必要はないが、できるだけ蚊を避けるように注意する必要がある」と述べている。

ハワイ州保健省のSarah Park氏によると、デング熱の重症例では入院を要することもあるという。症状として、目の後ろの刺すような痛みを伴うひどい頭痛、重度の筋肉痛や関節痛がみられ、全身の発疹や40度以上の発熱を生じることもある。一般に感染から5~7日後に症状が現れ、ヒトからヒトへは感染しない。治療薬はないが、ワクチンが近く承認される予定だという。しかしCDCによれば、先進国ではデング熱により死に至ることはまれで、早期に発見して適切に治療すれば死亡率は約1%にとどまる。

ハワイに旅行する人は、ジャングル地帯や草木の繁る場所など、蚊が繁殖する淀んだ水の多い場所は避ける必要がある。蚊の多い場所に行くときは、長袖シャツと長ズボンを着用し、皮膚の露出部や衣類に効果の高い虫よけスプレーを使用するよう、保健当局は勧めている。デング熱を媒介する蚊は昼間に活動するため、夜は安心してもよいとPark氏は話している。

州は地元住民に対しても蚊の繁殖防止のための対策を呼びかけており、リゾート地はすでに対策が進んでいる場所が多いため、一般的には安全だという。

デング熱の原因となるのは、互いに近縁な4種類のウイルスだ。米国本土やハワイ島では自然には発生しないが、旅行者により持ち込まれることがあり、ハワイでは2011年にもオアフ島で流行が発生している。世界では約25億人(世界人口の40%)が、デング熱感染のリスクのある地域で暮らしているという。

デング熱はまれに生命にかかわる症状をきたすこともあるが、これは以前に感染した人が再感染した場合に多いとAdalja氏は説明している。入院患者には輸液とアセトアミノフェンの投与、電解質の管理などの対症療法が行われる。(HealthDay News 2015年12月3日)

▼外部リンク
Hawaii Facing Rise in Dengue Fever Cases

HealthDay
※掲載記事の無断転用を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 米国の新型コロナ感染率は推計14.5%、ワクチン接種が集団免疫獲得への鍵
  • 入院中の子どもが感じる痛みや不安の低減に効果をもたらすものは?
  • 父親の高血圧や肥満などの健康問題が、母親の流産や死産リスクを高める可能性
  • ACE阻害薬やARBなどの使用で、新型コロナ感染リスク上昇せず
  • 新型コロナの致死率、季節性インフルエンザと比較してどのくらい高い?