医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > “顔の見える薬剤師”共有-鹿児島で第48回日薬学術大会

“顔の見える薬剤師”共有-鹿児島で第48回日薬学術大会

読了時間:約 1分56秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月25日 AM10:00

第48回日本薬剤師会学術大会が「噴き上がれ!湧き上がれ!私たちの熱き思い―地域に求められる薬剤師として」をテーマに22、23の両日、鹿児島市の鹿児島市民文化ホールを中心に開催された。全国から約7000人の薬剤師が参加し、14分科会や一般演題を通して、かかりつけ薬剤師・薬局や在宅医療、ICT、健康地域住民の健康支援など、薬剤師を取り巻く様々な課題について議論。大会テーマに込められた、調剤バッシングなどによる閉塞感を桜島の噴火のように吹き飛ばし、顔の見える薬剤師になろうという思いを共有した。

大会初日の開会式であいさつした山本信夫会長は、財務省が10月30日の財政制度等審議会・財政制度分科会に提示した調剤報酬適正化案について言及。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 後藤厚労相「申請されれば優先審査」-米メルクの経口コロナ薬
  • 米メルク、初の経口薬をEUA申請-コロナでモルヌピラビル
  • 【徳島県】長生堂製薬に業務停止31日-不正な製造を長年黙認
  • 【厚労省】発癌性物質の自主点検要請-企業に限度値設定求める
  • 【厚労省】タスクシフト可の業務示す-周術期の薬学的管理など