医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 武田薬品、アステラス製薬、第一三共、エーザイ、エーザイが5年ぶり増収増益-16年3月期中間決算出揃う

武田薬品、アステラス製薬、第一三共、エーザイ、エーザイが5年ぶり増収増益-16年3月期中間決算出揃う

読了時間:約 2分19秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月02日 AM11:00


■国内製薬大手は復調傾向に

国内製薬大手4社の2016年3月期中間決算が10月30日、出揃った。前期に有形固定資産の売却益を計上した武田薬品は増収減益となったが、アステラス製薬と第一三共は二桁の増収増益、エーザイも主力品のアルツハイマー病治療薬「アリセプト」が特許切れして以来、5年ぶりに増収増益を達成した。通期は、4社が揃って増収増益を予想しており、国内大手は復調傾向にあるといえそうだ。アステラスと武田は、海外売上比率が60%台半ばにまで拡大するなど、海外シフトの事業構造を一段と加速している。

武田薬品は、グローバルで販売する主力の降圧剤「」や糖尿病治療薬「」、プロトンポンプ阻害剤(PPI)「ランソプラゾール」などの特許切れ影響をほぼ克服しつつある。昨年6月に発売し、年間売上20億ドルを期待する潰瘍性大腸炎治療剤「エンティビオ」が、前年同期比5.5倍の360億円と急拡大。逆流性食道炎治療剤「デクスラント」や降圧剤「」も二桁の伸びを示し、新製品の貢献で6%台の増収となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省検討会】卒後研修の法制化求める声-臨床現場負担増に懸念も
  • 【厚労省】後発品全品目が規格適合-19年度品質検査、バイオ後続品も初対象に
  • 【日病薬調査】病薬研修会、約7割で再開-ウェブ環境整備に支援要望
  • 【厚労省】入院を高齢者などに限定-指定感染症の政令改正へ
  • 【社人研】社会保障給付が121兆円に-過去最高、GDP比も上昇