医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 妊娠の間隔次第で、自閉症と診断されるリスクが約2~3倍に?

妊娠の間隔次第で、自閉症と診断されるリスクが約2~3倍に?

読了時間:約 1分41秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月29日 AM10:00

妊娠の間隔が自閉症リスクに関連

妊娠の間隔が、生まれる子の自閉症リスクに関連している可能性が新たな研究で示唆された。研究を実施した米カイザー・パーマネンテ研究部門(カリフォルニア州)のLisa Croen氏によると、前回の出産から2年未満または6年以上の間隔で妊娠した子は、自閉症と診断されるリスクが約2~3倍になるという。


画像提供HealthDay

これまでの研究でも、妊娠の間隔が短すぎたり長すぎたりすることによるリスクが明らかにされており、今回の研究も同じ方向を示すものだが、因果関係を裏付けるものではないとCroen氏は述べている。また、この知見は出産から次の妊娠まで2年以上空けることを推奨する世界保健機関(WHO)の勧告にも一致するという。この研究は「Pediatrics」オンライン版に9月14日掲載され、印刷版10月号にも掲載予定。

米国疾病管理予防センター()によると、自閉症スペクトラム障害(ASD)は米国では68人に1人の小児にみられ、女児よりも男児にやや多い。遺伝的因子と環境的因子がともに関与していると考えられている。

今回の研究では、カイザー・パーマネンテ北カリフォルニア病院で2000年から2009年に第2子として出生した約4万5,000例の医療記録をレビューし、ASDに分類される障害の診断コードと妊娠の間隔(第1子の出産から第2子の妊娠までの期間)について調べた。

対象者のうち878例では、上のきょうだいがASDと診断されていた。まず、第1子がASDではない集団を対象に分析したところ、妊娠間隔が36~47カ月の群に比べ、24カ月未満または72カ月以上の群では自閉症リスクが1.5~3倍となっていた。間隔が6カ月未満の場合に、最もリスクが高いようだった。次に第1子がASDだった集団を対象に分析すると、やはり同じ傾向がみられ、妊娠間隔が短い場合や長い場合にASDリスクが高かった。

考えられる理由の1つとして、妊娠間隔が短い場合、脳の発達に欠かせない葉酸が枯渇している可能性があるとCroen氏は指摘している。米ニクラウス小児病院(マイアミ)の新生児生理学者David Mendez氏によると、妊娠間隔の影響についてはこれまで多くの研究が実施されており、間隔の短さと統合失調症などの精神疾患の関連を示した研究もあるという。

妊娠間隔は子の健康に影響を及ぼし得る多数の因子の1つにすぎず、さらに研究を重ねる必要はあるが、短い間隔での妊娠は避けるほうが親にとっても都合がよいことが多いと同氏は述べている。(HealthDay News 2015年9月14日)

▼外部リンク
Pregnancy Intervals May Affect Autism Risk, Study Suggests

HealthDay
※掲載記事の無断転用を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 失明原因の3大疾患は?正しく答えられた一般市民は、5人中1人
  • 長年議論されてきた「卵」の安全な摂取量、50か国の調査による結論は?
  • 女性に多いあの病気、肉を食べる/食べないで発症率に差?
  • 約2000年前の火山噴火犠牲者から「黒い石」発見、正体は?
  • 髪の毛に関する「あのお悩み」に、急激な心理的ストレスが影響していた