医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 開放隅角緑内障・高眼圧症治療剤「タプロス」の中国での輸入医薬品承認を取得-参天

開放隅角緑内障・高眼圧症治療剤「タプロス」の中国での輸入医薬品承認を取得-参天

読了時間:約 52秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年08月27日 PM03:00

中国にて「泰普罗斯」の輸入医薬品承認を取得

参天製薬株式会社は8月25日、中国にて開放隅角緑内障・高眼圧症治療剤「泰普罗斯」(日本語読み:、一般名:)の輸入医薬品承認を7月27日に取得し、各種手続きが8月21日に完了したことを発表した。

「タプロス」は、原薬を旭硝子株式会社が製造、参天製薬が製剤化を実施し、両社で共同開発を行ったプロスタグランジンF2α誘導体の緑内障・高眼圧症治療剤。国内ではすでに2008年12月より「タプロス点眼液0.0015%」として発売されており、世界60か国以上で展開されている。

角結膜疾患治療剤などを中心に、数種類の点眼剤を中国でも販売中

緑内障は、眼圧の上昇などによって視神経が障害されて視野欠損が進行する疾患。眼疾患による視力低下や失明などの視覚障害の主な原因となっている。緑内障の視神経障害および視野障害は進行性で非可逆的であるため、早期発見・早期治療が重要であり、その治療は眼圧の下降およびその長期にわたる眼圧のコントロールが基本となっている。

同社は現在、角結膜疾患治療剤や合成抗菌点眼剤などを中心に、数種類の点眼剤を中国で販売している。同剤が製品ラインナップに加わることで、多様な治療の選択肢を医療の現場に提供でき、患者QOL向上への寄与が期待される、と同社は述べている。

▼関連リンク
参天製薬株式会社 プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • ソーティクツ、既存治療で効果不十分な尋常性乾癬などで承認-BMS
  • ブリバラセタム、部分発作有する成人てんかん対象アジアP3試験で良好な結果-UCB
  • 2型糖尿病を合併する慢性腎臓病の適応を持つ唯一のMRA「ケレンディア(R)錠」を発売-バイエル薬品
  • ナサニール、「生殖補助医療における早発排卵の防止」で適応追加承認-ファイザー
  • テネクテプラーゼ、急性期脳梗塞対象試験で比較検討相の患者登録開始-国循ほか