医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > クラビットとレボフロキサシン「DSEP」が国内での効能追加承認取得-第一三共ほか

クラビットとレボフロキサシン「DSEP」が国内での効能追加承認取得-第一三共ほか

読了時間:約 49秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年08月26日 PM03:00

広範囲経口抗菌製剤クラビット錠と、レボフロキサシン錠

第一三共株式会社と第一三共エスファ株式会社は8月24日、第一三共が販売する広範囲経口抗菌製剤「(R)錠250mg/500mg/同細粒10%」(一般名:レボフロキサシン水和物)と、同剤のオーソライズドジェネリックである、第一三共エスファのレボフロキサシン錠250mg「DSEP」、500mg「DSEP」、同細粒10%「DSEP」 について、「肺結核及びその他の結核症」の効能追加の承認を取得したと発表した。

二次抗結核薬として併用可能のフルオロキノロン系抗菌薬

結核は、国内で毎年約2万人が新たに登録される感染症だが、薬剤耐性結核や副作用等のため、一次抗結核薬が使用できない場合がある。

レボフロキサシンは国内で抗結核薬として承認されている唯一のフルオロキノロン系抗菌薬であり、二次抗結核薬の一つとして他の抗結核薬と併用することで治療効果が期待されている。

今回の効能追加は、厚生労働省の「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」で検討され、同適応症に関する開発が第一三共に要請されたことに基づくもの。同社は、同剤によって、結核治療が必要とされる患者の新たな選択肢になることに期待を寄せている。

▼関連リンク
第一三共株式会社 ニュースリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • 服部氏「パーキンソン病の重要なカギは腸内細菌」日本メドトロニック社セミナーで発言
  • COVID-19治療薬の使用「重症化する前が最適」 ギリアド社セミナーで三鴨氏
  • トミネルセン、顕性ハンチントン病対象P3試験で投与中止を決定-ロシュ
  • 新型コロナウイルス検査の検体前処理自動機器を開発-広島大
  • ラナデルマブ、遺伝性血管性浮腫の発作抑制薬として製造販売承認申請-武田薬品