医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 痛風治療剤「フェブリク錠」、がん化学療法に伴う高尿酸血症の適応追加を申請-帝人ファーマ

痛風治療剤「フェブリク錠」、がん化学療法に伴う高尿酸血症の適応追加を申請-帝人ファーマ

読了時間:約 1分19秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年08月03日 PM02:00

ラスブリカーゼに続く、新たな治療選択肢として期待

帝人ファーマ株式会社は7月29日、・痛風治療剤「(R)錠」(一般名:)について、がん化学療法に伴う高尿酸血症に関する適応追加申請を行ったことを発表した。

化学療法によってがん細胞が急速かつ大量に崩壊すると、細胞内に蓄積されていた核酸をはじめとする成分が血中に大量に放出される。核酸は分解・代謝されて尿酸になるため、その結果として大量の尿酸が体内に産生。高尿酸血症を引き起こし、時として急性腎不全などの死に至る重篤な疾患につながることが知られている。「がん化学療法に伴う高尿酸血症」に適応を持つ医薬品が、日本においては尿酸分解酵素であるラスブリカーゼのみであるため、新たな治療選択肢が求められていた。

そこで同社は、フェブキソスタットの尿酸生成抑制効果に着目。化学療法を受ける悪性腫瘍患者を対象として、2014年から同剤60mgの有効性や安全性を確認する第3相臨床試験を実施。今回の申請は、その試験結果に基づくものだという。

48か国で販売されている高尿酸血症治療剤

フェブリク錠は、帝人ファーマが自社創製した新規高尿酸血症治療剤であり、世界初の非プリン型選択的キサンチンオキシダーゼ阻害剤。同酵素の阻害剤は、約40年前に開発されたプリン骨格を持つアロプリノールのみだったが、2011年に発売されたフェブリク錠は、高尿酸血症治療における新たな選択肢となっていた。

なお、同剤については、グローバル展開が拡大しており、現在、欧米やアジアなど117の国や地域において独占販売契約を締結し、そのうち48か国で販売されている。中でも欧州においてフェブキソスタット(欧州販売名:「ADENURIC」)は、2015年4月に「腫瘍崩壊症候群の中間リスク及び高リスクを有する造血器腫瘍患者における化学療法に伴う高尿酸血症」への適応追加が承認されている。

同社は、欧州や日本における適応追加のように、今後も医療現場への新たな尿酸降下療法の提供やフェブキソスタットのグローバル展開に注力することで、患者のQOL向上に貢献していきたいとしている。

▼関連リンク
帝人ファーマ株式会社 ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • ブリバラセタム、部分発作有する成人てんかん対象アジアP3試験で良好な結果-UCB
  • 2型糖尿病を合併する慢性腎臓病の適応を持つ唯一のMRA「ケレンディア(R)錠」を発売-バイエル薬品
  • ナサニール、「生殖補助医療における早発排卵の防止」で適応追加承認-ファイザー
  • テネクテプラーゼ、急性期脳梗塞対象試験で比較検討相の患者登録開始-国循ほか
  • ミチーガ、「アトピー性皮膚炎に伴うそう痒」世界初の抗体医薬品として発売-マルホ