医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 抗ウイルス剤「レベトール」の効能・効果の一部変更承認を取得-MSD

抗ウイルス剤「レベトール」の効能・効果の一部変更承認を取得-MSD

読了時間:約 47秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月31日 PM12:00

ジェノタイプ2型のHCV感染症に対するソホスブビルとの併用が可能に

MSD株式会社は7月29日、抗ウイルス剤「(R)カプセル200mg」(一般名:)が、ソホスブビルとの併用によるジェノタイプ2型のC型慢性肝炎または、C型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善を効能・効果として追加する一部変更承認を取得したと発表した。

C型慢性肝炎の治療薬である同剤は、2001年12月に発売を開始。「イントロン(R)A」、「ペグイントロン(R)」などのインターフェロン製剤との併用療法、「テラプレビル」または「シメプレビル」とインターフェロン製剤との3剤併用療法、そして最近では「(R)」と「ペグイントロン」との3剤併用療法が可能となった、幅広く併用できる薬剤だ。

経口剤のみという新たな治療選択肢

今回取得した効能・効果での一日の投与量は、患者の体重が60kg以下の場合は600mg、60~80kg以下の場合が800mg、80kgを超える場合は1,000mgとしている。

これにより、ジェノタイプ2型のC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変の患者に、経口剤のみの治療という新たな選択肢が提供できるようになったと同社は伝えている。

▼関連リンク
MSD株式会社 ニュースリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • ALSを含む神経変性疾患での抗体医薬の共同研究契約を締結-田辺三菱/OMR社/TC社
  • Risankizumab、乾癬対象の4つ目のP3試験ですべての主要評価項目達成-アッヴィ
  • DS-3201、非ホジキンリンパ腫対象P1試験の予備的有効性でORR58.8%-第一三共
  • アテゾリズマブ/アバスチン併用療法、腎細胞がんでPD-L1発現患者のPFS延長-中外
  • イムブルビカ、再発・難治性のMCLにおける長期の有効性・安全性示す-米ヤンセン