医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 「母親の氏名+男児/女児」の命名法で、新生児の取り違えによるミスを約3分の1に

「母親の氏名+男児/女児」の命名法で、新生児の取り違えによるミスを約3分の1に

読了時間:約 1分39秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月28日 AM10:00

新生児の「呼び名」の工夫で医療ミスが低減

病院で新生児に用いる名前をなるべく明確にすることにより、取り違えによるミスを約3分の1減らせることが、新たな研究で示された。


画像提供HealthDay

研究の筆頭著者である米モンテフィオーレ・ヘルスシステム(ニューヨーク市)のJason Adelman氏によると、米国の病院では通常、新生児に親がつけた名前を用いず、「Babygirl Jackson(ジャクソン氏の女児)」や「Brendasboy Jones(ブレンダ・ジョーンズの男児)」のような呼称を用いている。出生直後の記録や名札の作成時点で親が子の名前を決めていないことがあり、入院中に記録を変更するのは混乱を招くためである。

Adelman氏が以前に全米339カ所の新生児集中治療室()を対象に実施した研究では、約82%の病院が「姓+男児/女児」を示す呼称を用い、18%はさらに明確に「母親の氏名+男児/女児」を用いていた。医療ミスの約11%が患者の取り違えによるものであり、「多くの人は姓+男児/女児のみの呼称に問題があると感じていたが、人はミスを報告したがらないものであるため、この件も報告されにくかった」とAdelman氏は話す。

「Pediatrics」オンライン版に7月13日掲載された今回の研究では、ツールを使用して、院内指示が出された後10分以内に取り消され、さらに10分以内に同じ医師が別の患者を対象に指示を出したケースを追跡した。まず、「姓+男児/女児」の命名法を用いていた米モンテフィオーレ医療センター(ニューヨーク州ブロンクス)の2カ所のNICUで、1年間の追跡を実施。その後、同病院は「母親の氏名+男児/女児」の命名法を導入し、双子や三つ子の場合は頭に番号をつけるようにした。さらに1年間追跡したところ、変更後はミスが36%低減した。

米ニュートンウェルズリー病院(マサチューセッツ州)の小児科医Clay Jones 氏は、患者の取り違えによるミスは深刻な結果をもたらす可能性があると述べる一方、今回の研究から明確な結論を導くことはできないと指摘している。

ミスの低減が認められた理由として、医師らは新生児の命名法が変更された理由や、ミスが追跡されていることを知っていたため、普段よりも注意深くなっていたことによりミスが減った可能性もある。しかし、それでもこの知見により多くの病院で明確な呼称の導入が促進されることを期待するとAdelman氏は述べている。(HealthDay News 7月13日)

▼外部リンク
What’s In a Name? For Newborns, Maybe Fewer Medical Errors

HealthDay
※掲載記事の無断転用を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 米FDA「Qelbree」承認、子どものADHD患者対象としては10年ぶり
  • 血液型は新型コロナのリスクと「無関係」-米国10万8,000人弱の患者データから
  • コロナ回復後の呼吸器以外の臓器に対する影響、再入院数などを明らかに-英国報告
  • 歯周病が高血圧の原因に!?その意外な理由とは
  • 転倒で死亡する高齢者が急増。転倒リスクを高める可能性のある薬剤とは?