医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > つくば臨床医学研究開発機構、オール筑波でARO発足-開発型臨床研究を強力支援

つくば臨床医学研究開発機構、オール筑波でARO発足-開発型臨床研究を強力支援

読了時間:約 2分34秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月22日 AM10:30


■起業家も育成、次のシーズへ

産官学の研究所が集結する筑波研究学園都市のシーズ実用化に向け、開発型の臨床研究を進める支援組織「つくば臨床医学研究開発機構」()が発足した。これまでアカデミアで進んでいなかった出口を見据えた開発戦略の新たな支援体制を整備することで、筑波大学等の国際的な研究成果を実用化につなげたい考え。若手研究者向けの「リサーチスタジオ」を開講し、起業家育成にも取り組み、次世代の人材を育てることにより、シーズを生み出す日本の“リサーチ・トライアングル”を研究学園都市で形成していく構想も広がる。

研究学園都市には、筑波大学をはじめ、産業技術総合研究所、物質・材料研究機構、高エネルギー加速器研究機構、理化学研究所バイオリソースセンター等の大学や国の研究所、アステラス製薬やエーザイの製薬企業研究所、理研発ベンチャー企業のセルメディシンが集結。創薬や医療機器につながるシーズが多く研究され、つくばライフサイエンス推進協議会の活動をはじめとする活発な連携活動も行われてきたが、これまで実用化につなげるための支援体制は十分に整っていなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省調整会議】全ゲノムDB構築へ議論-解析方法など検討事項提示
  • 【厚労省】市販後安全状況を定期報告-医薬品行政監視委スタート
  • 【厚労省】スイッチ化へ中間骨子案-販売体制や環境整備など
  • 【厚労省】デジタル化関連で新事業-電子処方箋システムに38億円
  • 【福岡県協議会】地域ケア病棟で処方適正化-薬剤師の薬学的介入が寄与