医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 緑内障・高眼圧症治療剤「コソプトミニ配合点眼液」を発売-参天製薬

緑内障・高眼圧症治療剤「コソプトミニ配合点眼液」を発売-参天製薬

読了時間:約 57秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月26日 PM12:30

ドルゾラミド1%とチモロール0.5%の配合点眼液

参天製薬株式会社は6月24日、・高眼圧症治療剤「」(一般名:ドルゾラミド塩酸塩/チモロールマレイン酸塩)の発売を発表した。


画像はリリースより

緑内障の視神経障害および視野障害は、基本的には進行性で非可逆的であるため、早期発見が必要。治療は眼圧の下降およびその長期にわたるコントロールが基本とされている。

慢性疾患で治療が長期にわたること、また多剤併用されることから、角膜上皮障害を合併することが多い疾患でもある。防腐剤のベンザルコニウム塩化物に過敏症を示す患者や、角結膜上皮障害を有する患者には、防腐剤(ベンザルコニウム塩化物等)を全く含有しない製剤が求められていた。

1回使い切り無菌ディスポーザブルタイプ容器入りの点眼剤

今回発売されたコソプトミニ配合点眼液は、コソプト配合点眼液と同じ炭酸脱水酵素阻害剤「トルソプト点眼液 1%」(一般名:ドルゾラミド塩酸塩)と、β遮断剤「チモプトール点眼液 0.5%」(一般名:チモロールマレイン酸塩)を含有する、防腐剤を含まない、1回使い切り無菌ディスポーザブルタイプ容器入りの点眼剤。

緑内障、高眼圧症で、他の緑内障治療薬が効果不十分な場合を適応とし、用法・用量は、1回1滴、1日2回点眼となっている。

同社では、防腐剤を含有しないコソプトミニ配合点眼液の発売で、より多様な治療の選択肢を医療の現場に提供でき、患者のQOL向上に寄与できることを期待するとしている。

▼外部リンク
参天製薬株式会社 ニュースリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • ソーティクツ、既存治療で効果不十分な尋常性乾癬などで承認-BMS
  • ブリバラセタム、部分発作有する成人てんかん対象アジアP3試験で良好な結果-UCB
  • 2型糖尿病を合併する慢性腎臓病の適応を持つ唯一のMRA「ケレンディア(R)錠」を発売-バイエル薬品
  • ナサニール、「生殖補助医療における早発排卵の防止」で適応追加承認-ファイザー
  • テネクテプラーゼ、急性期脳梗塞対象試験で比較検討相の患者登録開始-国循ほか