医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 十分な食費を確保できないと血糖コントロールが不十分に

十分な食費を確保できないと血糖コントロールが不十分に

読了時間:約 1分45秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月25日 AM10:00

食費に余裕がないと糖尿病管理は困難

十分な食費を確保できていない2型糖尿病患者は、食事の心配のない患者に比べ、良好な血糖コントロールができていないことが新たな研究で判明した。糖尿病に関する教育では、健康的な食事についてだけでなく、食べ物の入手のしやすさについても議論する必要があると、研究著者である米エモリー大学糖尿病教育訓練学会のBritt Rotberg氏は述べている。


画像提供HealthDay

この研究は、米ボストンで開催された米国糖尿病協会(ADA)会議で発表された。米国では、約14%の家庭が「食糧不安」の状況にあり、以前の研究では、食糧不安の家庭では糖尿病リスクが2.5倍になることがわかっている。

今回の研究では、血糖管理をサポートするプログラムに参加した2型糖尿病患者を対象とした。被験者の3分の2が健康保険に加入しておらず、76%は世帯年収が1万5,000ドル未満だった。最近30日以内に十分な食料確保に不安を感じたことがあれば、食糧不安であるとみなした。

食糧不安のある人は137人、ない人は167人だった。食糧不安のない群は血糖値が有意に良好であり、HbA1C値は平均7.6%であったのに対し、食糧不安のある人ではHbA1C値が約10%だった。HbA1Cは最近3カ月前後の血糖値を推定するもので、糖尿病患者の目標値は7%未満とされている。BMI(肥満度の指標で、30以上で肥満とみなされる)は両群とも31だった。

Rotberg氏の説明によると、食糧不安のある人もカロリーは摂取できているが、安価な食品には加工食品やファストフードなどが多く、野菜の量が少ないという。「主な食事において、1皿の3分の1以上、でんぷん質を含まない野菜を食べている」と回答した人の割合は、食糧不安のない群では62%だったのに対し、食糧不安のある群では38%だった。

生野菜は長持ちしないため買うことができないという人が多いことから、教育プログラムでは冷凍野菜や缶詰の野菜(ただし塩分に注意が必要)の利用を提案しているという。

米コロンビア大学(ニューヨーク市)のMaudene Nelson氏は、まずは血糖値に影響を及ぼす炭水化物源を正しく認識する必要があると述べている。誤った情報も多く、たとえば玄米は白米よりもよいとされているが、実際は血糖値の上昇に差はないという。健康的な食事を摂るための簡単な方法として、同氏は1皿の4分の1をでんぷん質、4分の1を肉などの蛋白質、2分の1を野菜が占めるようにする「プレート法」を勧めている。(HealthDay News 6月11日)

▼外部リンク
Tight Food Budget Can Wreak Havoc on Diabetes Management

HealthDay
※掲載記事の無断転用を禁じます。
Copyright © 2015 HealthDay. All rights reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 中高年層に多い足の血管の「コブ」、米国の患者数は4,000万人超え
  • 高齢になってから始める「筋トレ」、効果はある?ない?
  • 日本でも話題の「次世代モビリティ」、注意点は?
  • 運動量が多く、食習慣が優れた人に見られる共通点
  • 高齢になると起こりやすい目の病、日常にあるアレが原因に?