医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > 遺伝子検査事業において独キアゲン社との事業提携開始を発表-日立ハイテク

遺伝子検査事業において独キアゲン社との事業提携開始を発表-日立ハイテク

読了時間:約 45秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月23日 AM06:00

全自動遺伝子自動分析装置などを共同開発

株式会社日立ハイテクノロジーズは6月18日、ドイツのライフサイエンスおよび分子診断事業の大手企業であるQIAGEN N.V.(以下、キアゲン社)と、遺伝子検査事業に関する事業提携を開始したことを発表した。

最初のプロジェクトとして、PCR (polymerase chain reaction) 法を用いた全自動遺伝子自動分析装置や次世代シーケンシング技術を用いた自動化システムの共同開発を行うという。

キアゲン社が持つ業界最高水準の遺伝子抽出技術などの強みを活かす

同事業提携では、日立ハイテクが持つ、ライフサイエンスおよび体外診断事業において培った装置の開発・製造技術と、キアゲン社が持つ、ライフサイエンスおよび分子診断事業において培った業界最高水準の遺伝子抽出技術や試薬開発・製造技術および検査結果の解析手法等、また両社が保有する独自の強みを活かした製品の共同開発および販売提携を展開する予定。

同社は、今回の事業提携により遺伝子検査事業に参入し、最注力分野と位置付けるバイオ・ヘルスケアにおいて、さらなる事業拡大を目指すとしている。

▼外部リンク
株式会社日立ハイテクノロジーズ プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • スマホアプリ「ドライアイリズム」、良好なドライアイ診断精度を示す-順大ほか
  • 世界初・皮下のループ状毛細血管を可視化、開発した高性能光音響顕微鏡で-東北大ほか
  • 内視鏡腎結石治療、人工知能搭載ロボットで治療成績改善の可能性-名古屋市立大ほか
  • 食道がん、術前放射線治療による局所制御を高精度に予測するAIシステムを開発-広島大
  • 超小型広視野角監視カメラBirdViewを開発、ロボット支援手術の安全性向上-愛媛大ほか