医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬事日報 薬大調査】入学者定員数、08年度以降で初の増加‐ばらつくも適正化進む

【薬事日報 薬大調査】入学者定員数、08年度以降で初の増加‐ばらつくも適正化進む

読了時間:約 2分9秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年05月27日 AM10:32

2015年度の全国の国公私立薬科大学・薬学部の入学者数は、入学方式の異なる北大、東大を除くと1万3118人で、定員1万2773人に対し102・7%と若干オーバーした。定員に対し入学者数が10%を超えたのは9校で、そのうち20%超は2校あった。なお、4年制を含めた全体の定員数は1万2933人で前年度の1万2853人より80人増加した。最も定員数が多かった08年度以降、昨年度まで6年連続で減少してきたが、初めて前年度を上回った。本紙調査で明らかになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【AMED】コロナ薬開発へ体制整備-医療研究調整費を充当
  • 【ICMRA】コロナ薬の主要項目議論-重症度別に適切例を合意
  • 医薬品医療機器総合機構運営評議会、RWDの申請資料活用、20年度事業計画に盛る
  • 【厚労省】妥当性検証に基本的考え-製販後DB調査前の実施を
  • 【厚労省】安定確保薬、年度末に選定-厚労省が骨子案