医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > がんになる人はテロメアの老化ペースが速い

がんになる人はテロメアの老化ペースが速い

読了時間:約 1分24秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年05月19日 PM12:00

テロメアの短縮速度からがんリスクを予測

標準的な診断よりもはるかに早い段階でがんの発症を示唆するDNAの変化パターンが、初めて特定された。問題となるのは、血液中のテロメアの状態の変化だという。


画像提供HealthDay

テロメアとはDNA鎖の末端を保護する「キャップ」で、加齢とともに短くなることから、生物学的年齢の重要な指標と考えられてきた。今回の研究では、がんになる人はテロメアが通常よりも速いペースで老化し始めることが明らかにされた。将来的にがんになる人のテロメアの長さは、15歳上の人と同じ程度まで短縮することがあるという。

「このテロメアの変化パターンを解明すれば、がんを予測するバイオマーカーとなる可能性がある」と、研究の筆頭著者である米ノースウェスタン大学フェインバーグ医学部(シカゴ)予防医学教授のLifang Hou氏は述べ、「このパターンはさまざまながん種で強く関連することが認められたので、正しく検査すれば、最終的には幅広いがん種の診断にこの処置を利用できる可能性がある」と付け加えている。

「EBioMedicine」に掲載された今回の研究では、13年をかけて約800人のテロメアの評価を追跡した。最終的に135人がさまざまながんの診断を受けた。その結果、がんの診断よりもはるかに前の段階でテロメアに著明な短縮がみられる一方、診断のおよそ3~4年前には短縮が止まることを突き止めた。その正確な理由は不明だが、短縮が止まる時期は、患者の未診断のがん細胞が幅を利かせ始める時期に一致する可能性があると同氏らは示唆している。

Hou氏は、「テロメアの急激な短縮が安定化する屈曲点が認められた。また、がんが身体内で勢力を伸ばすためにテロメアの短縮を乗っ取ることがわかった」と説明する。今後は、患者の正常な細胞を傷つけずにがんを阻止する治療の開発を目指し、この乗っ取りプロセスがどのように展開するのかを突き止めたいという。(HealthDay News 5月5日)

▼外部リンク
Age-Linked Structures on DNA May Also Hint at Cancer Risk

HealthDay
※掲載記事の無断転用を禁じます。
Copyright © 2015 HealthDay. All rights reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 経腟分娩による「痛みの感じ方」、実はある遺伝子変異が関与している?
  • 英・米国のCOVID-19関連アプリ使用者のデータ分析から見えてきた「6つの症状タイプ」
  • 性的欲求・関心の低下による男性の受診者数が経年的に増加、その理由は?
  • 心停止後の心肺蘇生法による生存率、一般人の予測値と実際の値にギャップ?
  • 糖尿病治療用の速効型インスリン製剤開発、動物実験では投与後10分でピークに