医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 中央社会保険医療協議会総会、ソバルディ薬価、1錠6万円―13年ぶりに画期性加算

中央社会保険医療協議会総会、ソバルディ薬価、1錠6万円―13年ぶりに画期性加算

読了時間:約 1分39秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年05月15日 PM05:22


■中医協総会で了承

ギリアド・サイエンシズが承認申請していた経口C型慢性肝炎治療薬「ソバルディ」(一般名:ソホスブビル)の薬価収載が、13日の中央社会保険医療協議会総会で了承された。注目されていた薬価は、400mg錠が1錠6万1799円となり、2002年12月収載の抗真菌薬「ファンガード点滴用」以来13年ぶりに画期性加算が適用され、加算率も上限に迫る100%と高い評価が与えられた。20日に薬価基準に収載される予定。一方で、3カ月の内服で薬剤費が500万円を超えるため、生涯医療費のコストベネフィットを検討するよう求める意見も出た。

ソバルディは、リバビリンとの併用により、ウイルス血症を改善するC型慢性肝炎治療薬。3月26日付で承認された。既存のインターフェロンを含む3剤併用療法が24週投与だったのに対し、12週の投与により、初めてインターフェロンを必要とせず、経口薬のみでC型慢性肝炎の治療が可能となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【財政審】調剤報酬の抜本適正化を-新薬創出等加算は廃止要求
  • 抗菌薬適正使用実践へ手引き-医薬系8学会が策定
  • 【厚労省】高齢者の多剤併用で指針検討-副作用対策充実へ議論
  • 【昭和薬大】薬剤師への信頼で理解促進-“かかりつけ”の有用性示す
  • 【未来投資会議】遠隔診療を診療報酬で評価-18年度改定で首相が明言