医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 「Latuda」の欧州における共同開発・独占的販売契約を解消へ-大日本住友製薬と武田薬品

「Latuda」の欧州における共同開発・独占的販売契約を解消へ-大日本住友製薬と武田薬品

読了時間:約 1分2秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年05月11日 PM01:00

開発・販売権の返還、事業の移管への具体的条件の協議を開始

大日本住友製薬株式会社は5月7日、武田薬品工業株式会社と2011年3月に締結した非定型抗精神病薬「(R)」(一般名:ルラシドン塩酸塩、以下「」)の欧州における共同開発・独占的販売契約を解消、武田薬品から大日本住友製薬へのラツーダに関する欧州の開発・販売権の返還ならびに事業の移管を適正に実行するため、具体的条件の協議を開始したことを発表した。

今回の契約解消は、武田薬品の販売戦略の検討に基づくもの。ラツーダの安全性や有効性に関する新たな知見に基づくものではないという。また、武田薬品が2011年3月に取得していた、英国を除くEU26か国ならびにスイス、ノルウェー、トルコおよびロシアを対象国としたラツーダに関する開発および販売に関する権利は、契約終了日に大日本住友製薬に返還されるという。

欧州展開に関して新たなパートナーとの提携を検討

大日本住友製薬は今後の欧州展開に関して、新たなパートナーとの提携を含め、あらゆる選択肢を検討するという。なお、契約解消による、両社の2016年3月期の連結業績への影響は軽微としている。

同剤は、成人における統合失調症治療剤として、2014年3月に欧州委員会(EC)より、2013年8月にスイス医薬品局(Swiss Medic)より承認を受理。現在、スイス、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、オランダ、英国で処方されている。欧州以外では、米国、カナダで成人における統合失調症・双極性障害治療剤、オーストラリアでは成人における統合失調症治療剤として承認を受けている。

▼外部リンク
大日本住友製薬株式会社 プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • ミチーガ、「アトピー性皮膚炎に伴うそう痒」世界初の抗体医薬品として発売-マルホ
  • バビースモ、投与間隔の延長で治療の負担減期待-中外
  • 症候性先天性CMV感染症に対するバルガンシクロビルの有用性を確認-埼玉県小児医療センターほか
  • 気管支鏡検査用マスク「e-mask」の飛沫防止効果と、検査時の安全性を実証-名大
  • 結節性痒疹を対象としたネモリズマブのP3試験の結果をガルデルマ社が発表-中外