医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 統合失調症治療薬「ジブラシドン」の国内第3相臨床試験を開始-Meiji Seika ファルマ

統合失調症治療薬「ジブラシドン」の国内第3相臨床試験を開始-Meiji Seika ファルマ

読了時間:約 55秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月10日 PM02:30

セロトニン5-HT2AおよびドパミンD2受容体を選択的に遮断

ラクオリア創薬株式会社は3月6日、第二世代(非定型)統合失調症治療薬「」(一般名:塩酸ジブラシドン水和物)について、ライセンス先であるMeiji Seika ファルマ株式会社によって、国内における第3相臨床試験が開始されたと発表した。

幻覚や妄想など多様な症状を呈する精神疾患の一つである統合失調症は、約100人に1人の割合で罹患すると言われている。ジプラシドンは、脳内のセロトニン5-HT2AおよびドパミンD2受容体を選択的に遮断することで治療効果を発揮する薬剤であり、既存の第二世代統合失調症治療薬と同等の効力を有しながらも、体重増加や血糖値上昇などの副作用が少ないことが特長とされている。

米国の統合失調症治療ガイドラインでは、第一選択薬として収載

ラクオリア創薬は、2011年3月に明治製菓株式会社(現: ファルマ株式会社)と、ジプラシドンの日本における独占的な開発および販売に関するライセンス契約を締結している。また同剤は、米ファイザー社によって既に83か国で販売されており、米国における統合失調症治療のガイドラインでは、第一選択薬として収載されている。

なお、同試験の内容は一般財団法人日本医薬情報センター(略称:)のウェブサイトにて公開される予定。

▼外部リンク
ラクオリア創薬株式会社 プレスリリース
Meiji Seika ファルマ株式会社 プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • シンポニー、中等症~重症の潰瘍性大腸炎治療で在宅自己注射が可能に-田辺三菱
  • アトピー性皮膚炎治療薬「ジファミラスト」のP3試験速報-大塚製薬
  • ロケルマ、高カリウム血症で承認-AZ
  • バクスミー点鼻粉末剤、低血糖時の救急処置で承認-リリー
  • メラトベル、小児期の神経発達症に伴う入眠困難の改善で承認-ノーベルファーマ