医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 非感染性後眼部ぶどう膜炎を対象とした「DE-109」 の承認申請をEMAが受理-参天製薬

非感染性後眼部ぶどう膜炎を対象とした「DE-109」 の承認申請をEMAが受理-参天製薬

読了時間:約 1分8秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月05日 AM06:00

mTOR阻害作用を有する免疫調整薬「

参天製薬株式会社は3月2日、非感染性後眼部ぶどう膜炎を対象とした「DE-109」(一般名: シロリムス)の欧州医薬品販売承認申請が、欧州医薬品庁()に受理されたことを発表した。これにより、EMAは医薬品販売承認申請の審査を開始する。

シロリムスは、mTOR阻害作用を有する免疫調整薬。mTORは、炎症性サイトカインを産生するT細胞の増殖を刺激するが、同剤はそのmTORを阻害することにより、炎症を抑制し、病状の進行を抑えるという。

副作用の少ない新しい治療法として期待

今回、欧州医薬品庁に承認申請した治験データは、DE-109の安全性および有効性の評価を目的とした無作為化二重盲検多施設国際共同治験である第3相試験「SAKURA」の結果。同試験では、非感染性後眼部ぶどう膜炎347名を対象とし、2つのDE-109投与群である440µg投与群および880µg投与群と、44µg実薬対照群を比較した。

その結果、DE-109は主要評価項目と2つの主な副次的評価項目を達成し、440µgにおいて高い効果を示したという。主要評価項目は、5か月後の硝子体混濁スコアでスコア0に達した被験者の割合。また、主な副次的評価項目は、5か月後の硝子体混濁スコアで2単位改善と5か月後の硝子体混濁スコアでスコア0もしくは0.5+に達した被験者の割合であった。

ぶどう膜炎には現在、眼内の炎症を抑制するために、ステロイド薬や全身用の免疫抑制薬などが用いられ、高い確率で薬剤による副作用を伴う。そのため、局所もしくは全身の副作用が少ない新規の治療法が求められていた。DE-109が承認されれば、シロリムス硝子体内投与は、非感染性後眼部ぶどう膜炎の治療法として重要なステップになると同社は期待を寄せている。

▼外部リンク
参天製薬株式会社 ニュースリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • ソーティクツ、既存治療で効果不十分な尋常性乾癬などで承認-BMS
  • ブリバラセタム、部分発作有する成人てんかん対象アジアP3試験で良好な結果-UCB
  • 2型糖尿病を合併する慢性腎臓病の適応を持つ唯一のMRA「ケレンディア(R)錠」を発売-バイエル薬品
  • ナサニール、「生殖補助医療における早発排卵の防止」で適応追加承認-ファイザー
  • テネクテプラーゼ、急性期脳梗塞対象試験で比較検討相の患者登録開始-国循ほか