医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 更年期障害に対するHRT 半数が「満足」「やや満足」-QLife

更年期障害に対するHRT 半数が「満足」「やや満足」-QLife

読了時間:約 1分5秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年01月22日 PM12:40

2,000円を境に、治療費の妥当性に大きな差

株式会社QLifeは、)を現在受けている・受けたことがある40~50代の女性500名を対象に、更年期障害におけるHRTの実態調査を行った。HRTに対する満足度は、半数以上が「満足」「やや満足」と回答。 治療開始のタイミングについても、満足度が高ければ高いほど、「もっと早く受けていればよかった」と答えている。


画像はプレスリリースより

また、HRTの治療費については、過半数が「妥当だと思う」と回答しており、「どちらというと安い」、「安い」と合わせると、63.4%が費用以上の治療効果を感じている。費用別では、1か月あたり2,000円未満の患者の80%以上が「妥当だと思う」 、「どちらというと安い」、「安い」と回答している一方で、2,000円以上かかっている患者の半数以上が「高い」「どちらかというと高い」と回答。2,000円を境に、金額の妥当性に大きな差があることが分かった。

1人あたり平均5.4個の症状に悩む

患者は、HRTを受ける前に1人あたり平均5.4個の症状に悩んでいたものの、約半数の患者は、症状を自覚してから受診するまでに4か月以上要していた。治療開始前にHRTを知っていたのは半数以下の45.8%。患者の35.8%がHRTに対して不安や抵抗感が「ややあった」「あった」と回答した。具体的には「副作用がありそう」が最も多く、次いで、「効果があるかわからない」、「続けるのが大変そう」となった。また、治療を受けると決めた最も強いきっかけは「医師からの勧め」が最も多くなった。

今回の調査は2014年10月16日~2014年10月21日までインターネット調査で行われた。

▼外部リンク
株式会社QLife ニュースリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 脳内ヒスタミン、一部の神経細胞に働き記憶・学習促進の可能性-名古屋市立大ほか
  • 骨髄異形成症候群、MSCの骨芽細胞分化障害を介した造血不全機序を解明-FBRIほか
  • 治療抵抗性うつ病への「維持rTMS療法」を先進医療で実施、世界初-NCNP
  • 先天性甲状腺機能低下症、発症に関わるゲノム領域を同定-成育医療センターほか
  • 肺線維症など種々の炎症性疾患の病状を改善できる新手法の開発に成功-京大ほか