医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 薬学教育協議会、13年度の卒業生が大幅減―就職先1位「薬局」変わらず

薬学教育協議会、13年度の卒業生が大幅減―就職先1位「薬局」変わらず

読了時間:約 2分29秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年01月14日 AM09:45


■薬学教育協議会が調査

昨春卒業した薬学部6年制第3期生は、2013年度初めて全国の薬系大学73校(74学部)の全てが学生を輩出したにもかかわらず、12年度より1000人弱少ない8535人となった。卒業後の進路としては薬局へ約37%、病院には約27%が就職、一般販売業を含めると約70%が薬剤師免許を使う道を選んだ。また、薬剤師不足が指摘される中、進学が12年度の1・6%から2・9%に微増した一方、非就職者・就職未定者が5・9%から8・7%と漸増傾向にあり、薬剤師国試合格率との関係性が推察される。薬学教育協議会がまとめた「14年3月薬系大学卒業生・大学院修了者就職動向調査の集計報告」で明らかになった(表参照)
同調査は6年制第3期生を輩出した全薬系大学が回答した。卒業生総数は13年度に比べ956人減少した。男女別には男性が3463人、女性5072人だった。このうち就職したのは7516人(就職率:卒業生の88・1%)で昨年度に比べ4・1ポイント低下し、就職率は9割を切った。男女別では男性が3031人(87・5%)、女性4485人(88・4%)で、それぞれ3・7ポイント、4・7ポイントの低下となった。

就職していない人の総数は「進学」を除き、非就職者、就職未定者、その他の合計が836人(昨年度742人)と増加した。比率も5・9%から8・7%と増加、さらに12年度は2・0%であったことから、漸増傾向で就職していない人の割合は「1割」に迫る状況にあり、今後の動向が気になるところだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】後発品全品目が規格適合-19年度品質検査、バイオ後続品も初対象に
  • 【日病薬調査】病薬研修会、約7割で再開-ウェブ環境整備に支援要望
  • 【厚労省】入院を高齢者などに限定-指定感染症の政令改正へ
  • 【社人研】社会保障給付が121兆円に-過去最高、GDP比も上昇
  • 地域連携薬局、国民への周知必要-田村厚労相が会見、在宅など機能啓発に意欲