医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > ヘルスケア分野での共同開発プロジェクトを発足−オムロンヘルスケアとJINS

ヘルスケア分野での共同開発プロジェクトを発足−オムロンヘルスケアとJINS

読了時間:約 51秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年01月09日 PM07:15

ヘルスケア市場のセンシング・ニーズに対応

ヘルスケア株式会社と株式会社ジェイアイエヌ(以下、)は1月7日、ヘルスケア市場のセンシング・ニーズに対応するため、共同開発プロジェクトを発足したと発表した。


画像はプレスリリースより

このプロジェクトでは、JINSのセンシング・アイウエア「JINS MEME(ジンズ ミーム)」をプラットフォームとした新ソリューションを開発し、2016年春の商品化を目指すとしている。

生体データを取得できるメガネで積極的な健康管理を実現へ

JINS MEMEは、メガネとしての形状や機能はそのままに、独自開発の3点式眼電位センサーと六軸センサーを通じて、眠気や集中度、体のバランスなどの生体データを取得できるという。五感の9割以上を占める頭部の24時間センシングの実現は、早い段階から潜在的な病気や怪我の予兆を察知し、積極的な健康管理の実践をめざす「先制医療」の発展を推し進めるうえで、大きな貢献が期待される。

JINSが2015年秋に発売する予定のJINS MEMEに、オムロンが保有する生体計測・解析技術を応用することで、ヘルスケア分野における新たな付加価値創造をめざし、JINS MEMEをプラットフォームとした拡張型デバイスの共同開発を進めていくと述べている。()

▼外部リンク
オムロン ヘルスケア株式会社 ニュースリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 下水処理水の消毒によるウイルス不活化効率予測モデルを構築-東北大
  • 内視鏡診断支援機能「CAD EYE」搭載の「EW10-EC02」発売へ-富士フイルム
  • ミトコンドリア病を迅速かつ高精度に診断可能な全自動デバイスを開発-久留米大ほか
  • AI手法を組み合わせ、機能向上と副作用低下を両立させた人工心臓をデザイン-産総研
  • COVID-19肺炎のCT画像をAI解析するためのプラットフォームを開発-NIIほか