医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 新規デュアルオレキシン受容体拮抗剤の睡眠導入及び、維持効果を確認−エーザイ

新規デュアルオレキシン受容体拮抗剤の睡眠導入及び、維持効果を確認−エーザイ

読了時間:約 1分5秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月15日 PM08:45

ACNP年会で臨床第2相試験の結果を発表

エーザイ株式会社は、自社創製の新規デュアルオレキシン受容体拮抗剤E2006について、不眠症患者を対象とする臨床第2相試験(201試験)の結果を第53回米国神経精神薬理学会(ACNP)年会(12月7~11日、米国・フェニックス)で発表した。同試験で、E2006はプラセボに比較して有意な睡眠導入および睡眠維持効果を示し、翌日の残存する眠気を増加させないことが確認されたという。


この画像はイメージです

E2006は、同社創製の新規デュアルオレキシン受容体拮抗剤。オレキシンは睡眠と覚醒の調節に関与する神経ペプチドで、E2006はオレキシン受容体の2つのサブタイプいずれにも競合的に結合し、オレキシンによる神経伝達を阻害することで、睡眠の誘発と維持を目指した不眠症治療剤として開発が進められている。

平均睡眠効率を統計学的に有意に改善

同試験は不眠症の患者291名を対象に、E2006(1、2.5、5、10、15、25mgのいずれかの用量)またはプラセボを15日間投与。投与前の状態と比較して全ての用量において、平均睡眠効率を統計学的に有意に改善したという。また、E2006投与群では、睡眠潜時ならびに中途覚醒時間が短縮。それぞれ2.5mg以上、10mg以上の用量では、プラセボ投与群に比較して統計学的に有意な短縮を示した。一方、カロリンスカ眠気尺度を用いて評価した翌日に残存する眠気については、25mg投与群においてのみ、プラセボ投与群に比較して統計学的に有意な増加が認められたという。

エーザイでは、この結果に基づいた臨床第3相試験の実施に向けて準備を進め、睡眠導入、睡眠維持を目的とした不眠症治療剤の開発を行うとしている。(

▼外部リンク
エーザイ株式会社 ニュースリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 抗精神病薬「エビリファイ持続性水懸筋注用」、効能追加の承認取得-大塚製薬
  • 再発または難治性の多発性骨髄腫の治療薬「サークリサ」発売-サノフィ
  • アビガン、COVID-19対象P3試験・主要評価項目達成で承認申請へ-富士フイルム
  • 日本初のLABA/LAMA/ICS固定用量配合ぜんそく治療剤「エナジア」を発売-ノバルティス
  • デュピクセント、中等・重症の成人・青少年ぜんそくで効果が3年持続-仏サノフィほか